Adobe ReaderとAcrobatのセキュリティアップデート事前通知を発表(アドビ) | ScanNetSecurity
2019.10.14(月)

Adobe ReaderとAcrobatのセキュリティアップデート事前通知を発表(アドビ)

アドビは、「Adobe Reader」および「Acrobat」のセキュリティアップデートの事前通知(APSB16-09)を発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
米Adobe Systems(アドビ)は3月3日(米国時間)、「Adobe Reader」および「Acrobat」のセキュリティアップデートの事前通知(APSB16-09)を発表した。アップデートの対象となるのは、Windows版およびMacintosh版の「Acrobat DC Continuous 15.010.20059」「Acrobat Reader DC Continuous 15.010.20059」「Acrobat DC Classic 15.006.30119」「Acrobat Reader DC Classic 15.006.30119」「Acrobat XI 11.0.14およびそれ以前」「Reader XI 11.0.14およびそれ以前」。

これらの製品には、重要度「2」とされる脆弱性が存在する。アドビでは脆弱性に対応したバージョンを3月8日(米国時間)にリリース予定としており、その際に詳細情報を公開するとしている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. インターコムクラブへパスワードリスト型攻撃、ポイントの不正交換も確認(ジャックス)

    インターコムクラブへパスワードリスト型攻撃、ポイントの不正交換も確認(ジャックス)

  2. ペネトレーションテスターが業務中に逮捕される、“信じられないほどの不手際が重なった” のか(The Register)

    ペネトレーションテスターが業務中に逮捕される、“信じられないほどの不手際が重なった” のか(The Register)

  3. 「ECオーダー.com」利用者のカード情報が流出、7月中旬に漏えい疑いあるも詳細情報得られず(ホビボックス)

    「ECオーダー.com」利用者のカード情報が流出、7月中旬に漏えい疑いあるも詳細情報得られず(ホビボックス)

  4. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  5. 毎年アンチウイルスを更新する「攻め」のセキュリティグループはなぜ、CrowdStrike の EDR を選定したか

    毎年アンチウイルスを更新する「攻め」のセキュリティグループはなぜ、CrowdStrike の EDR を選定したかPR

  6. MAC アドレス認証 これだけ危険 ~ Wi-Fi セキュリティ対策の誤解

    MAC アドレス認証 これだけ危険 ~ Wi-Fi セキュリティ対策の誤解PR

  7. 車検証の電子化に向けてセキュリティ面を含めた技術的要件を検討(国土交通省)

    車検証の電子化に向けてセキュリティ面を含めた技術的要件を検討(国土交通省)

  8. サポート終了後も稼働するVistaとOffice 2007、台数と脆弱性件数(トレンドマイクロ)

    サポート終了後も稼働するVistaとOffice 2007、台数と脆弱性件数(トレンドマイクロ)

  9. Scan BASIC 登録方法

    Scan BASIC 登録方法

  10. 10連休控え例年より早く発表、今年の長期休暇におけるセキュリティ注意喚起(IPA)

    10連休控え例年より早く発表、今年の長期休暇におけるセキュリティ注意喚起(IPA)

ランキングをもっと見る