KPMG のサイバーセキュリティ経営 (2) 情報システム部門が社長の疑問に答えるためには | ScanNetSecurity
2020.08.08(土)

KPMG のサイバーセキュリティ経営 (2) 情報システム部門が社長の疑問に答えるためには

後藤信二 氏(仮名)は精密機器製造・販売企業のセキュリティ責任者だ。先日CEOから経営会議直後に突然呼び出され、矢継ぎ早に質問を投げかけられた。後藤氏は勢いに押されて即答できず、少し時間をもらうよう乞うて、セキュリティ部門のメンバーを集めた。

特集 コラム
KPMGコンサルティング株式会社 サイバーセキュリティアドバイザリーサービス ディレクター 小川 真毅 氏
KPMGコンサルティング株式会社 サイバーセキュリティアドバイザリーサービス ディレクター 小川 真毅 氏 全 2 枚 拡大写真
…後藤信二 氏(仮名)は港区に本社を構える精密機器製造・販売企業のセキュリティ責任者だ。勤務先の従業員は8,000名、国内だけでなく海外にも多数の販売・生産拠点を持ち、東証に上場して以来黒字経営が続いている。

営業部門からローテーションで社内IT部門に配属になった後、技術にのめり込んで専門資格を取得するなど頭角を現し、その能力と素質を買われて早くからIT部門内のセキュリティ担当チームリーダーを任されてきた。

後藤氏は兼ねてよりセキュリティがIT部門内だけの課題では済まされないことをIT部門長を通じて経営陣にも投げかけており、その甲斐あって昨年IT部門から独立する形で新設されたセキュリティ部門の責任者に抜擢された。そんな順風満帆にキャリアを積み重ねてきた後藤氏だが、先日CEOである中村氏から経営会議直後に突然呼び出され、矢継ぎ早に質問を投げかけられた。

「当社のセキュリティリスクについて、今どう考えているんだ?」

「最新のサイバー攻撃動向は把握できているのか?」

「従業員のセキュリティ意識は高まっているのか?」

「まさかコンプライアンス違反なんかしてないだろうな?」

「そもそも当社のセキュリティ対策は十分と言えるのか?」

「いまインシデントが起きたら、ちゃんと対処できるのか?」

後藤氏は中村氏の勢いに押されて即答できず、少し時間をもらうことを乞い、早速セキュリティ部門のメンバーを集めてどのように報告するか検討することにした…

《KPMGコンサルティング株式会社 サイバーセキュリティアドバイザリーサービス ディレクター 小川 真毅》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. ホームルーター調査、127製品ほぼ全てに脆弱性/英・加、APT29 による攻撃報告 ほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary]

    ホームルーター調査、127製品ほぼ全てに脆弱性/英・加、APT29 による攻撃報告 ほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary]

  2. iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

    iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

  3. やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

    やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

  4. 黒塗り交付の開示資料、強い光で文字が判別可能(和歌山市)

    黒塗り交付の開示資料、強い光で文字が判別可能(和歌山市)

  5. 夏休みのセキュリティ注意喚起、今年はテレワーク勤務者の注意事項も紹介(IPA)

    夏休みのセキュリティ注意喚起、今年はテレワーク勤務者の注意事項も紹介(IPA)

  6. いつもと違う夏 ~ FFRI 鵜飼裕司の Black Hat USA 2020 注目セッション

    いつもと違う夏 ~ FFRI 鵜飼裕司の Black Hat USA 2020 注目セッション

  7. COVID-19脅威レポートを発表、クラウドサービスを標的とした外部脅威が630%増加(マカフィー)

    COVID-19脅威レポートを発表、クラウドサービスを標的とした外部脅威が630%増加(マカフィー)

  8. サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

    サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

  9. テレワーク実施実態調査:都道府県別・業界別・職種別

    テレワーク実施実態調査:都道府県別・業界別・職種別

  10. 脆弱性「Ripple20」の対象プリンタ名公開、操作停止やメモリ破壊を引き起こす可能性(リコー)

    脆弱性「Ripple20」の対象プリンタ名公開、操作停止やメモリ破壊を引き起こす可能性(リコー)

ランキングをもっと見る