Adobe Flash Playerのセキュリティアップデートを公開、7件の脆弱性に対応(アドビ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.08.20(火)

Adobe Flash Playerのセキュリティアップデートを公開、7件の脆弱性に対応(アドビ)

アドビは、「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデート(APSB17-15)を公開した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
米Adobe Systems(アドビ)は5月9日(米国時間)、「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデート(APSB17-15)を公開した。アップデートの対象となるのは、Windows版、Macintosh版、Linux版の「Adobe Flash Playerデスクトップランタイム 25.0.0.148およびそれ以前」、同「Google Chrome用Adobe Flash Player 25.0.0.148およびそれ以前」、Windows版の「Microsoft EdgeおよびInternet Explorer 11用のAdobe Flash Player 25.0.0.148および以前」などとなっている。

このアップデートにより、CVEベースで7件の脆弱性に対応した。これらの脆弱性が悪用されると、システムをクラッシュされたり乗っ取られるなどの影響を受ける可能性がある。また、アドビでは本アップデートの優先度を3段階で最も高い「1」としてアナウンスしている(Linux版は「3」)。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. シンガポール子会社に不正アクセス、顧客情報が流出(みずほ銀行)

    シンガポール子会社に不正アクセス、顧客情報が流出(みずほ銀行)

  2. 「BIG-IP」に重大な脆弱性、関連情報を紹介(エフセキュア)

    「BIG-IP」に重大な脆弱性、関連情報を紹介(エフセキュア)

  3. メール誤送信、添付ファイルサイズ制限で「安心一斉送信システム」使用できず(大阪府)

    メール誤送信、添付ファイルサイズ制限で「安心一斉送信システム」使用できず(大阪府)

  4. 毎年アンチウイルスを更新する「攻め」のセキュリティグループはなぜ、CrowdStrike の EDR を選定したか

    毎年アンチウイルスを更新する「攻め」のセキュリティグループはなぜ、CrowdStrike の EDR を選定したかPR

  5. 顧客情報ファイル誤送信、再発防止としてシステム導入決定(ボルボ・カー・ジャパン)

    顧客情報ファイル誤送信、再発防止としてシステム導入決定(ボルボ・カー・ジャパン)

  6. 繁忙期のため管理不徹底「国民健康保険関係届」紛失(大阪市)

    繁忙期のため管理不徹底「国民健康保険関係届」紛失(大阪市)

  7. 6月末からメンテナンス中の「ECオーダー.com」カード情報流出の疑い(チャンピオンソフト、まどそふと、エウクレイア、葉月)

    6月末からメンテナンス中の「ECオーダー.com」カード情報流出の疑い(チャンピオンソフト、まどそふと、エウクレイア、葉月)

  8. 標的はファイアウォールの内側にあるIoTデバイスへ(NETSCOUT SYSTEMS)

    標的はファイアウォールの内側にあるIoTデバイスへ(NETSCOUT SYSTEMS)

  9. 規定違反の医師を戒告処分、患者情報を私物USBメモリに保存し紛失(福知山市)

    規定違反の医師を戒告処分、患者情報を私物USBメモリに保存し紛失(福知山市)

  10. 元教育委員会職員がUSB接続制限の無いPC経由でファイル持ち出し、選挙運動へ活用か(平塚市)

    元教育委員会職員がUSB接続制限の無いPC経由でファイル持ち出し、選挙運動へ活用か(平塚市)

ランキングをもっと見る