サイバーセキュリティ経営ガイドラインがあと一歩「惜しい」理由 2ページ目 | ScanNetSecurity
2019.12.06(金)

サイバーセキュリティ経営ガイドラインがあと一歩「惜しい」理由

ガイドラインをよく読むと、「経営層」に向けているはずが、現実に経営者が気にかけるポイントと若干ずれており、「インパクトはあるけれど、内容が経営層に刺さらないのではないか。これは非常にもったいない」と、ソリトンシステムズの執行役員 長谷部 泰幸 氏は指摘する。

特集 特集
たとえリターンがほとんどない IT 投資でも企業は実施してきた。長谷部氏が考える情報システム全体の中でのセキュリティ投資の位置付け
たとえリターンがほとんどない IT 投資でも企業は実施してきた。長谷部氏が考える情報システム全体の中でのセキュリティ投資の位置付け 全 16 枚 拡大写真
  1. «
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 続きを読む

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. マルウェア「Emotet」の感染被害が急増、対処法や対策など紹介(ラック)

    マルウェア「Emotet」の感染被害が急増、対処法や対策など紹介(ラック)

  2. マルウェア「Emotet」の感染被害増加、なりすましメールに注意(JPCERT/CC)

    マルウェア「Emotet」の感染被害増加、なりすましメールに注意(JPCERT/CC)

  3. メールアカウントへの不正アクセス、送受信したメールデータが流出の可能性(RIZAPグループ)

    メールアカウントへの不正アクセス、送受信したメールデータが流出の可能性(RIZAPグループ)

  4. 双葉電子工業のフィリピン子会社が Emotet 感染 ほか ~ 2019 年 11 月のふりかえり [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary]

    双葉電子工業のフィリピン子会社が Emotet 感染 ほか ~ 2019 年 11 月のふりかえり [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary]

  5. ゲームソフトのコピー販売で逮捕、2カ月で約250万円を荒稼ぎ(ACCS)

    ゲームソフトのコピー販売で逮捕、2カ月で約250万円を荒稼ぎ(ACCS)

  6. ペネトレーションテストが脆弱性診断の上位互換サービスであるという誤解 ~ セキュリティ標準化企業 SHIFT SECURITY 執行役員 松尾雄一郎に聞く

    ペネトレーションテストが脆弱性診断の上位互換サービスであるという誤解 ~ セキュリティ標準化企業 SHIFT SECURITY 執行役員 松尾雄一郎に聞くPR

  7. 国へのサイバー攻撃、ハッキングのビジネス化など、2020年のサイバー脅威(サイファーマ)

    国へのサイバー攻撃、ハッキングのビジネス化など、2020年のサイバー脅威(サイファーマ)

  8. 「LanScope Cat / An」に任意コード実行の脆弱性(MOTEX、JVN)

    「LanScope Cat / An」に任意コード実行の脆弱性(MOTEX、JVN)

  9. CrowdStrike Blog:CrowdStrike のモバイル脅威レポート、組織の保護に役立つ傾向と推奨事項

    CrowdStrike Blog:CrowdStrike のモバイル脅威レポート、組織の保護に役立つ傾向と推奨事項

  10. 創業30年、独自のセキュリティ遺伝子を継承するESET社 - CTO / CROインタビュー

    創業30年、独自のセキュリティ遺伝子を継承するESET社 - CTO / CROインタビュー

ランキングをもっと見る