一田 和樹 作 「さよならアカウント」- 起こりうる事件 来たるべき世界 ~ サイバーミステリ小説アンソロジー | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.06.19(水)

一田 和樹 作 「さよならアカウント」- 起こりうる事件 来たるべき世界 ~ サイバーミステリ小説アンソロジー

末期の重病を苦に自殺した少女のTwitterアカウントが死後復活した。フォロアーもフォローも1名だけのアカウントのツイート数は毎日増え続ける・・・

特集 フィクション
一田 和樹 作 「さよならアカウント」- 起こりうる事件 来たるべき世界 ~ サイバーミステリ小説アンソロジー
一田 和樹 作 「さよならアカウント」- 起こりうる事件 来たるべき世界 ~ サイバーミステリ小説アンソロジー 全 2 枚 拡大写真
* シチュエーション・パズル

現在は 2017 年 2 月。黒田小百合(高校2年生)は昨年 12 月に末期の病気が見つかり、1 月に自殺した。彼女はツイッターアカウントを 2 つ持っていた。自殺の直前に 2 つのアカウントは消されたが、ひとつは彼女の死後に復活した。フォロワーもフォローもひとりだけの特定の人物とやりとりするためだけのアカウントだ。

そのアカウントは今も活動を続けている。カギ付きアカウントなので中身はわからないが、ツイート数が増えるのでなにかをつぶやいていることはわかる。

どういうことだと思う? そして次になにが起こると思う?

*

サイバーセキュリティコンサルタントを営んでいるオレのところに、お得意さんの担当者からプライベートな相談が舞い込んだ。相手は箱崎早希という高身長かつ高飛車な美人だ。もう少しかわいげがあれば喜んで引き受けるんだが。

自殺した姪のアカウントが乗っ取られているという話だ。スカイプでざっと話を聞きすぐに調査してオレなりの結論を得た。プライベートの無償奉仕なので、そのまま話すのもしゃくだと思ってクイズにしてみた。いわゆるシチュエーションパズルみたいなものだ。それが冒頭の質問だ。

── 残ってるアカウントは乗っ取られたんですよね?

箱崎早希がスカイプ越しに質問してきた。シチュエーションパズルは、与えられた設定と質問に答える遊びだ。回答者は何回でも質問できるが、YES / NO で答えられる質問しかしてはいけない。

── YES。乗っ取りではないが、なりすましだ。

── それは矛盾してますよね?

── NO。矛盾はしていない。正確に表現すると、同じユーザー名と名前のアカウントが残っている。

── おっしゃる意味がわかりません。それは乗っ取りと同じでしょう?

── NO。あんたもしかして知らないな。ツイッターのアカウントには 3 つの識別名が存在する。ひとつは“名前”で日本語で表示されているもの。もうひとつは“ユーザー名”で@の後についているヤツだ。“名前”は重複可能。“ユーザー名”の重複は禁止されているが、後からいくらでも変更できる。3 つ目が“ユーザーID”だが、通常表示されないので知らない人も多い。変更不能な固有のキーだ。黒田小百合が使用していたアカウントの“名前”と“ユーザー名”は同じだが、“ユーザーID”と、現在のアカウントの“ユーザーID”は異なるから乗っ取ったわけではない。だが、黒田小百合になりすましている。運営に連絡してもたまたま同じ“名前”と“ユーザ名”を使っているだけでは対処してもらえない可能性がある。

── そんな仕様だったとは……でもおかしくありませんか? ツイッターはアカウントを削除しても 30 日間は復活できるから同じユーザー名を使えないはずですよね? 重複チェックではじかれますよね。

── 仕様に関しては、その通り。その通りだが、犯人はそこをなんとかした。

── あっ! アカウントを削除する前に“ユーザー名”を変更したんですか? “ユーザー名”を変更すれば他の人が使えるようになる。でも、ユーザー名を変更するためには小百合のアカウントを犯人は乗っ取っていなければなりませんね。だったら、そのまま使い続けてもよかったはず。そうか! そのまま使うと乗っ取りとして通報される可能性があったから、わざわざ新しいアカウントを作ったんですね。

オレのクライアントには頭の回転が速いヤツが多いが、こいつは特に速い。ここまですぐにわかるとは驚いた。

《一田 和樹》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. パスワードリスト攻撃による不正ログイン、カード不正利用確認(イオン銀行、イオンクレジットサービス)

    パスワードリスト攻撃による不正ログイン、カード不正利用確認(イオン銀行、イオンクレジットサービス)

  2. フィッシング詐欺キットに脆弱性、ターゲットは二度被害に遭う可能性(The Register)

    フィッシング詐欺キットに脆弱性、ターゲットは二度被害に遭う可能性(The Register)

  3. 「NOTICE」と合わせ、感染IoT利用者にも注意喚起(総務省、NICT、ICT-ISAC)

    「NOTICE」と合わせ、感染IoT利用者にも注意喚起(総務省、NICT、ICT-ISAC)

  4. 決済画面書き換えカード情報窃取(熊本ワイン)

    決済画面書き換えカード情報窃取(熊本ワイン)

  5. Webサイトのサーバに第三者から不正アクセス、ウイルス感染や情報流出は確認されず(日邦産業)

    Webサイトのサーバに第三者から不正アクセス、ウイルス感染や情報流出は確認されず(日邦産業)

  6. PostgreSQL において COPY 文の権限設定不備により遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

    PostgreSQL において COPY 文の権限設定不備により遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  7. 「脆弱性診断の内製化」セミナー、体験会も同時開催(SHIFT)

    「脆弱性診断の内製化」セミナー、体験会も同時開催(SHIFT)PR

  8. 約5,000枚の「振替払出書」と「振替払出証書」を紛失、誤廃棄の可能性(ゆうちょ銀行)

    約5,000枚の「振替払出書」と「振替払出証書」を紛失、誤廃棄の可能性(ゆうちょ銀行)

  9. セブン銀行を騙るフィッシングSMSに注意を呼びかけ(フィッシング対策協議会)

    セブン銀行を騙るフィッシングSMSに注意を呼びかけ(フィッシング対策協議会)

  10. Vtuber支援サービスでユーザーのメールアドレスが流出、暗号化されたパスワードの脆弱性も判明(ZIG)

    Vtuber支援サービスでユーザーのメールアドレスが流出、暗号化されたパスワードの脆弱性も判明(ZIG)

ランキングをもっと見る