個人・小規模事業者向けの「FFRI yarai」を発売(FFRI) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.22(土)

個人・小規模事業者向けの「FFRI yarai」を発売(FFRI)

FFRIは、個人・小規模事業者向けセキュリティソフト「FFRI yarai Home and Business Edition」(Windows向け)をリリースしたと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
FFRI yarai Home and Business Edition
FFRI yarai Home and Business Edition 全 1 枚 拡大写真
株式会社FFRIは12月1日、個人・小規模事業者向けセキュリティソフト「FFRI yarai Home and Business Edition」(Windows向け)をリリースしたと発表した。1年/1台、3年/1台、5年/1台のラインアップが用意され、価格はオープン価格。ダウンロード版は同日より、パッケージ版は2018年1月より販売する。

一台のPCで全ての業務を行うフリーランスやパラレルワーカーにとって、PCのセキュリティ対策は重要な課題である反面、セキュリティ対策は不十分であるという調査結果もあることから、官公庁や重要インフラ企業での導入実績のある法人向け次世代エンドポイントセキュリティ「FFRI yarai」の個人・小規模事業者向け製品の販売に至ったという。

「FFRI yarai Home and Business Edition」は、パターンマッチング技術ではなく、独自の「先読み防御」技術により、未知のサイバー脅威に対抗する個人・小規模事業者向け「次世代エンドポイントセキュリティ製品」。攻撃者の思考を先回りする複数の検知ロジックで、検査対象のプログラムを多角的なアプローチで分析し、マルウェアをリアルタイムで検知・防御する。また、多くのウイルス対策ソフトとの同居が可能なため、セキュリティの空白地帯を生まないハイブリッドな防御が可能になるとしている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. “衛る” を最大化するセキュリティ競技 Hardening Project ~ 組織力を問う新ルールで初の宮古島開催

    “衛る” を最大化するセキュリティ競技 Hardening Project ~ 組織力を問う新ルールで初の宮古島開催

  2. 仮想通貨を要求する日本語の脅迫メール確認(JPCERT/CC)

    仮想通貨を要求する日本語の脅迫メール確認(JPCERT/CC)

  3. サンドボックスと張り合うメールセキュリティ製品、大企業や金融に導入進む

    サンドボックスと張り合うメールセキュリティ製品、大企業や金融に導入進むPR

  4. サイバーインテリジェンス、サービスの実力と利用料金

    サイバーインテリジェンス、サービスの実力と利用料金

  5. 新宿区がシングルベンダによる多層防御を構築(トレンドマイクロ)

    新宿区がシングルベンダによる多層防御を構築(トレンドマイクロ)

  6. 夢は Black Hat USA で講演 ~ キヤノンITS マルウェアラボ潜入記、設立目的と体制

    夢は Black Hat USA で講演 ~ キヤノンITS マルウェアラボ潜入記、設立目的と体制PR

  7. ローソンアプリを使ったdポイントの不正利用が判明、「デジタルdポイントカードサービス」を一時停止に(ローソン)

    ローソンアプリを使ったdポイントの不正利用が判明、「デジタルdポイントカードサービス」を一時停止に(ローソン)

  8. MyJCBを騙るフィッシングメール、期限を設定も記載はなし(フィッシング対策協議会)

    MyJCBを騙るフィッシングメール、期限を設定も記載はなし(フィッシング対策協議会)

  9. 受信契約者の個人情報が含まれる帳票を紛失(NHK)

    受信契約者の個人情報が含まれる帳票を紛失(NHK)

  10. リスト攻撃と推測される不正ログインでワオンポイントが別のカードに移行される被害(イオンマーケティング)

    リスト攻撃と推測される不正ログインでワオンポイントが別のカードに移行される被害(イオンマーケティング)

ランキングをもっと見る