個人・小規模事業者向けの「FFRI yarai」を発売(FFRI) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.12(火)

個人・小規模事業者向けの「FFRI yarai」を発売(FFRI)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

FFRI yarai Home and Business Edition
FFRI yarai Home and Business Edition 全 1 枚 拡大写真
株式会社FFRIは12月1日、個人・小規模事業者向けセキュリティソフト「FFRI yarai Home and Business Edition」(Windows向け)をリリースしたと発表した。1年/1台、3年/1台、5年/1台のラインアップが用意され、価格はオープン価格。ダウンロード版は同日より、パッケージ版は2018年1月より販売する。

一台のPCで全ての業務を行うフリーランスやパラレルワーカーにとって、PCのセキュリティ対策は重要な課題である反面、セキュリティ対策は不十分であるという調査結果もあることから、官公庁や重要インフラ企業での導入実績のある法人向け次世代エンドポイントセキュリティ「FFRI yarai」の個人・小規模事業者向け製品の販売に至ったという。

「FFRI yarai Home and Business Edition」は、パターンマッチング技術ではなく、独自の「先読み防御」技術により、未知のサイバー脅威に対抗する個人・小規模事業者向け「次世代エンドポイントセキュリティ製品」。攻撃者の思考を先回りする複数の検知ロジックで、検査対象のプログラムを多角的なアプローチで分析し、マルウェアをリアルタイムで検知・防御する。また、多くのウイルス対策ソフトとの同居が可能なため、セキュリティの空白地帯を生まないハイブリッドな防御が可能になるとしている。

《吉澤 亨史》

この記事の写真

/

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. OSSのデータ収集ツール「Fluentd」に任意コマンド実行などの脆弱性(JVN)

    OSSのデータ収集ツール「Fluentd」に任意コマンド実行などの脆弱性(JVN)

  2. Microsoft Office の数式エディタにおけるバッファオーバーフローの脆弱性(Scan Tech Report)

    Microsoft Office の数式エディタにおけるバッファオーバーフローの脆弱性(Scan Tech Report)

  3. 送信者を偽装できる脆弱性「Mailsploit」に注意、メールソフト別対応状況一覧(JPCERT/CC)

    送信者を偽装できる脆弱性「Mailsploit」に注意、メールソフト別対応状況一覧(JPCERT/CC)

  4. C&Cサーバへの攻撃デモ、サイバーセキュリティに報復攻撃は認められるべきか

    C&Cサーバへの攻撃デモ、サイバーセキュリティに報復攻撃は認められるべきか

  5. Scan勉強会「サイバー空間における日本企業及団体の情報漏えい実態」開催(イード)

    Scan勉強会「サイバー空間における日本企業及団体の情報漏えい実態」開催(イード)

  6. 2020大会関係者向け疑似サイバー攻撃演習、システムを忠実に再現(NICT)

    2020大会関係者向け疑似サイバー攻撃演習、システムを忠実に再現(NICT)

  7. 公共の場所の監視カメラ調達などに活用、ネットワークカメラのセキュリティ対策基準公開(IPA)

    公共の場所の監視カメラ調達などに活用、ネットワークカメラのセキュリティ対策基準公開(IPA)

  8. 捜査中だった米大統領選に使用されたサーバのデータが消失(The Register)

    捜査中だった米大統領選に使用されたサーバのデータが消失(The Register)

  9. 「ネタバレ」サイトの運営者を逮捕、アフィリエイトで3年間で3億円の収入(ACCS)

    「ネタバレ」サイトの運営者を逮捕、アフィリエイトで3年間で3億円の収入(ACCS)

  10. ここが変だよ日本のセキュリティ 第31回「中二病全開!アンチ・アンチ・オーディット作戦発動!!」

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第31回「中二病全開!アンチ・アンチ・オーディット作戦発動!!」

ランキングをもっと見る
PageTop