自社CTF開催時に外注してはいけないこと | ScanNetSecurity
2020.07.14(火)

自社CTF開催時に外注してはいけないこと

第4回目となるScanNetSecurity読者向け勉強会「CTF開催の秘訣~人材育成や採用へのCTF活用について」が3月20日に都内で開催された。本稿ではその模様をレポートする。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
「CTFには外注できない部分がある」合同会社ヘマタイト 社長 兼 技術者 茨木 隆彰 氏
「CTFには外注できない部分がある」合同会社ヘマタイト 社長 兼 技術者 茨木 隆彰 氏 全 5 枚 拡大写真
第4回目となるScanNetSecurity読者向け勉強会「CTF開催の秘訣~人材育成や採用へのCTF活用について」が3月20日に都内で開催された。本稿ではその模様をレポートする。

講師として招かれた合同会社ヘマタイト 社長 兼 技術者 茨木隆彰氏は、2014年からSECCONに開催側として関わることで、人材育成へのCTFの有効性を実感し、CTFの人材育成効果をより多くの企業や組織に活用してもらうために、スコアサーバ、可視化サーバ、基礎的なCTF問題をオールインワンでリーズナブルに提供するサービス「CTFKit」を開発した。

CTFKitはすでに東京大学や国立高専機構に納品実績がある他、ヘマタイト社では、目的や組織に合わせたCTFKitのカスタマイズやCTF開催時の運営支援、開催前後に行うレビューや倫理教育などのセミナー等を複合的に提供している。

●セキュリティ教育の2類型

講演でまず茨木氏は、情報セキュリティ教育の主な類型について言及、体系的に知識をつけることができる「セミナー形式」と、体験中心のプログラムを通じて実践的技術を身につける「ワークショップ形式」のふたつを挙げ、CTFやサイバーレンジは後者のワークショップ形式に該当すると語った。

  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 情報漏えいにつながる危険な PDF 利用 - Microsoft Word 網掛け機能誤解、情報公開し注意喚起(大船渡市)

    情報漏えいにつながる危険な PDF 利用 - Microsoft Word 網掛け機能誤解、情報公開し注意喚起(大船渡市)

  2. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  3. iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

    iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

  4. 「サイバー空間でも逃さない」令和2年度サイバー犯罪捜査官、採用選考受付8月3日から(大阪府警察)

    「サイバー空間でも逃さない」令和2年度サイバー犯罪捜査官、採用選考受付8月3日から(大阪府警察)

  5. 石川県と兵庫県の一部エリアで電話・FAXの誤着信が発生(NTT西日本)

    石川県と兵庫県の一部エリアで電話・FAXの誤着信が発生(NTT西日本)

  6. 複数のBIG-IP製品に、攻撃の踏み台にされるなどの脆弱性(JPCERT/CC)

    複数のBIG-IP製品に、攻撃の踏み台にされるなどの脆弱性(JPCERT/CC)

  7. 最新の状況に刷新「TLS暗号設定ガイドライン」など公開(NICT、IPA)

    最新の状況に刷新「TLS暗号設定ガイドライン」など公開(NICT、IPA)

  8. 新たにBYOD端末からの不正アクセスが判明(NTT Com)

    新たにBYOD端末からの不正アクセスが判明(NTT Com)

  9. ハンコや対面など日本のビジネス習慣の精神論を抜本的見直し、共同宣言発表(経団連、新経済連盟ほか)

    ハンコや対面など日本のビジネス習慣の精神論を抜本的見直し、共同宣言発表(経団連、新経済連盟ほか)

  10. 顔写真用いたバイパス対策、顔認証にAI利用の「まばたき」検知機能(両備システムズ)

    顔写真用いたバイパス対策、顔認証にAI利用の「まばたき」検知機能(両備システムズ)

ランキングをもっと見る