GDPR遵守体制整備を行ううえでの課題が明らかに(SAS) | ScanNetSecurity
2021.10.22(金)

GDPR遵守体制整備を行ううえでの課題が明らかに(SAS)

SASは、欧州連合(EU)の一般データ保護規則 (General Data Protection Regulation: GDPR)に関する調査の結果を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
SAS Institute Japan株式会社(SAS)は6月26日、欧州連合(EU)の一般データ保護規則 (General Data Protection Regulation: GDPR)に関する調査の結果を発表した。同調査は2018年2月、世界各国のGDPR遵守体制の整備を担う、幅広い業界関係者183名を対象に実施したもの。調査結果では、93%の企業が十分なGDPRの遵守を実現できていないことが明らかになっている。

また、グローバル企業のうち、GDPRが施行される5月25日までにGDPRの遵守を実現予定と回答した企業は全体の46%。米国を本拠とする企業では、施行日までに遵守体制が整う見込みと回答した企業は30%にとどまった。欧州を本拠とする企業では53%となり、米国企業よりも準備が進んでいる。一方で、米国を本拠とする企業では15%、EUを本拠とする企業では4%が、「GDPR遵守の実現のための組織的なプロセスを策定する予定はない」と回答している。

GDPRの遵守体制を整備する上で課題に上がったのは、「GDPR遵守を管理するためのスキルを得ること」がもっとも多く、「保有する個人データのすべてのデータソースを特定すること」がこれに続いた。また、回答者の約半数(49%)は、GDPRは人工知能(AI)に関連する自社のプロジェクトに大きな影響を及ぼすことになると回答した。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 若手社員の半数以上「情報漏えいより締め切りが大切」IT部門との確執浮き彫り

    若手社員の半数以上「情報漏えいより締め切りが大切」IT部門との確執浮き彫り

  2. 「教科書レンタル詐欺」Amazonに1億7千万円の被害与えた36歳、洗練された詐欺スキーム

    「教科書レンタル詐欺」Amazonに1億7千万円の被害与えた36歳、洗練された詐欺スキーム

  3. 株式会社祭の業務委託メンバーが不正アクセス、会計情報を公開

    株式会社祭の業務委託メンバーが不正アクセス、会計情報を公開

  4. ウイルス感染で東亜電気がシステム障害、復旧するも社内情報の一部漏えい確認

    ウイルス感染で東亜電気がシステム障害、復旧するも社内情報の一部漏えい確認

  5. 東大管理のサーバに管理者権限で不正アクセス、IDと暗号化されたパスワード等流出の可能性

    東大管理のサーバに管理者権限で不正アクセス、IDと暗号化されたパスワード等流出の可能性

  6. 不正アクセスで日産証券オンライントレードシステムに障害発生、現行システムでの廃止を決定

    不正アクセスで日産証券オンライントレードシステムに障害発生、現行システムでの廃止を決定

  7. コックフーズへランサムウェア攻撃、業務データの多くが暗号化

    コックフーズへランサムウェア攻撃、業務データの多くが暗号化

  8. オリエンタルコンサルタンツへのランサムウェア攻撃、データの外部送信の可能性は否定できず対象も不明

    オリエンタルコンサルタンツへのランサムウェア攻撃、データの外部送信の可能性は否定できず対象も不明

  9. 発見した攻撃者を泳がせ・妨害し・諦めさせる ~ TEAM T5 の特筆すべき成功例「オペレーション:アイ アム トム」

    発見した攻撃者を泳がせ・妨害し・諦めさせる ~ TEAM T5 の特筆すべき成功例「オペレーション:アイ アム トム」

  10. オリンパス、米州での不正アクセスで一部データ流出の可能性

    オリンパス、米州での不正アクセスで一部データ流出の可能性

ランキングをもっと見る