GhostScript において -dSAFER オプションの不備を悪用して遠隔から任意のコードが実行されてしまう脆弱性(Scan Tech Report) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.07.17(水)

GhostScript において -dSAFER オプションの不備を悪用して遠隔から任意のコードが実行されてしまう脆弱性(Scan Tech Report)

世界的シェアを誇る、PDF や画像を処理するソフトである GhostScript に、遠隔コード実行につながる脆弱性が報告されています。

脆弱性と脅威 エクスプロイト
https://www.ghostscript.com
https://www.ghostscript.com 全 1 枚 拡大写真
◆概要

世界的シェアを誇る、PDF や画像を処理するソフトである GhostScript に、遠隔コード実行につながる脆弱性が報告されています。脆弱性を悪用されてしまった場合、悪意のあるコードを実行されてしまうことや、攻撃者に侵入されてしまう可能性があります。

◆分析者コメント

ソフトウェアの性質上、悪意のあるファイルを脆弱なソフトウェアで開かないように注意すれば良いというものではありません。Web サイトに画像や PDF のアップロード機能などが存在する場合は、暗黙のうちに GhostScript によるファイルの処理が実行され、脆弱性を悪用されてしまう可能性があります。そのため、クライアントサイドのみではなくサーバサイドに悪用されてしまう可能性がある脆弱性です。GhostScript は ImageMagick や、その他様々なソフトウェアに組み込まれているため、2016 年に話題になった ImageMagick の脆弱性 (俗称 Image Tragick) よりも影響範囲が広い脆弱性であると考えられます。ファイルアップロード機能を持つサービスを公開している場合は、特に注意が必要な脆弱性でしょう。

◆深刻度(CVSS)

[CVSSv3]
7.3

[CVSSv2]
7.5

https://jvn.jp/vu/JVNVU90390242/index.html

◆影響を受けるソフトウェア

GhostScript のバージョン 9.23 およびそれ以前のバージョンが脆弱性の影響を受けます。

◆解説

世界的シェアを誇る、PDF や画像を処理するソフトである GhostScript に、オプションの不備を悪用し保護機構を回避することで、遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性が報告されています。

《株式会社ラック サイバー・グリッド研究所》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 華為のウェブに■■■■の脆弱性、■■■■の顧客情報や■■■■にリスクが及んだ可能性、■■■■を修復済(The Register)

    華為のウェブに■■■■の脆弱性、■■■■の顧客情報や■■■■にリスクが及んだ可能性、■■■■を修復済(The Register)

  2. 「カテエネ」へパスワードリスト型攻撃、個人情報最大234件閲覧可能状態に(中部電力)

    「カテエネ」へパスワードリスト型攻撃、個人情報最大234件閲覧可能状態に(中部電力)

  3. 仮想通貨不正流出判明、被害額概算約35億円(リミックスポイント、ビットポイントジャパン)

    仮想通貨不正流出判明、被害額概算約35億円(リミックスポイント、ビットポイントジャパン)

  4. 複数の高度な機能を持つランサムウェア「Sodin」、アジアを中心に拡大(カスペルスキー)

    複数の高度な機能を持つランサムウェア「Sodin」、アジアを中心に拡大(カスペルスキー)

  5. Windowsの複数のDNS関連機能に脆弱性(JPRS)

    Windowsの複数のDNS関連機能に脆弱性(JPRS)

  6. キャッシュDNSサーバ「Knot Resolver」に複数の脆弱性(JPRS)

    キャッシュDNSサーバ「Knot Resolver」に複数の脆弱性(JPRS)

  7. グローバルIPを割り振るモバイルルータなどによる感染事例が国内で増加(Secureworks)

    グローバルIPを割り振るモバイルルータなどによる感染事例が国内で増加(Secureworks)

  8. 犯罪者に身代金支払い顧客へマージン上乗せ ~ 英データ復旧サービス大繁盛(The Register)

    犯罪者に身代金支払い顧客へマージン上乗せ ~ 英データ復旧サービス大繁盛(The Register)

  9. 「ご登録パスワード変更完了のお知らせ」、ウェブマネーを騙るメール確認(フィッシング対策協議会)

    「ご登録パスワード変更完了のお知らせ」、ウェブマネーを騙るメール確認(フィッシング対策協議会)

  10. 無料セキュリティ調査ツールがメモリ領域にも対応(ラック)

    無料セキュリティ調査ツールがメモリ領域にも対応(ラック)

ランキングをもっと見る