ここが変だよ日本のセキュリティ 第34回 「セキュリティ・〇ンコ知新ドリル」前編 過去に学ぶ | ScanNetSecurity
2024.04.14(日)

ここが変だよ日本のセキュリティ 第34回 「セキュリティ・〇ンコ知新ドリル」前編 過去に学ぶ

過去事例あり。新しい話じゃない。しかも、もっと昔は被害のスケールが大きかった。

特集 コラム
毎年紹介しているけど、今年も夏の台湾HITCON行ってきました。信じられるかい? 大学生を中心にした20代メンバーが4トラックで2日間の国際セキュリティ・カンファレンスを開催しているんだぜ。この熱気、パワーならDEFCON CTFで3位に入る実力に納得だ。
毎年紹介しているけど、今年も夏の台湾HITCON行ってきました。信じられるかい? 大学生を中心にした20代メンバーが4トラックで2日間の国際セキュリティ・カンファレンスを開催しているんだぜ。この熱気、パワーならDEFCON CTFで3位に入る実力に納得だ。 全 1 枚 拡大写真
 何だね君はぁ? 「どうも!ラブプラスがスマホゲームになって帰ってきて、彼氏としては胸熱です! 4年前にサービス終了したカードバトルゲームに4人目の彼女がいたとか、彼女のパラメータが進化して他の生徒と battle 対決したりとか、過去の黒歴史の再来みたいなゲームにならないことを願っています。」

 この1年ほど、WannaCry とか Struts2 脆弱性とか、仮想通貨流出とか ECサイトからの情報漏洩とか、被害が大きいのか、深刻なのかは、当事者の感覚と社会的影響で評価は難しいけど、セキュリティ対策が心配になるニュースは、事欠かなかった。けれど、セキュリティ対策の必要性は広く認識されてきたはずなのに、なかなか攻撃を防げていない状況が続いている。これは、対策を実施する側が守りを固めきる前に弱いところを攻撃されるという難しさもあるけれど、攻撃側の方が研究熱心っていう面があるんじゃないかな。

 そこで今回の酷いタイトルだけれど、温故知新、つまり攻撃側は全く新たな攻撃手法を思いついたって訳じゃない。過去に攻撃し、対策されてしまった手法を工夫して再利用しているケースが結構あるように思う。そして、なんでそんなことになっているかも、背景まで踏み込んでみます。落ちを最初に言ってしまうと、これは「新たな****という脅威を知りませんか?」、「これまでの対策では防げませんよ!」という営業トークのスタイルにも原因があると睨んでいます!

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 続きを読む

《2次元殺法コンビ》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 山田製作所にランサムウェア攻撃、「LockBit」が展開され複数のサーバのデータが暗号化

    山田製作所にランサムウェア攻撃、「LockBit」が展開され複数のサーバのデータが暗号化

  2. マリンネットサイトに SQL インジェクション攻撃、メールアドレス流出

    マリンネットサイトに SQL インジェクション攻撃、メールアドレス流出

  3. プルーフポイント、マルウェア配布する YouTube チャンネル特定

    プルーフポイント、マルウェア配布する YouTube チャンネル特定

  4. レンズの受注や製造を停止 ~ HOYAグループで不正アクセスに起因する可能性が高いシステム障害

    レンズの受注や製造を停止 ~ HOYAグループで不正アクセスに起因する可能性が高いシステム障害

  5. お茶の水女子大学の研究室サーバに不正アクセス、攻撃の踏み台に

    お茶の水女子大学の研究室サーバに不正アクセス、攻撃の踏み台に

  6. デロイトと JFEスチール、サイバーセキュリティの合弁会社設立

    デロイトと JFEスチール、サイバーセキュリティの合弁会社設立

  7. 悪夢の検証 大英図書館ランサムウェア ~ 過ちが語る普遍的な物語

    悪夢の検証 大英図書館ランサムウェア ~ 過ちが語る普遍的な物語

  8. 北海道信用金庫の職員が業務関係書類を自宅に持ち帰り、定例の内部監査で発覚

    北海道信用金庫の職員が業務関係書類を自宅に持ち帰り、定例の内部監査で発覚

  9. 北九州市立大学の教員のパソコンに遠隔操作、ファイルを閲覧された可能性

    北九州市立大学の教員のパソコンに遠隔操作、ファイルを閲覧された可能性

  10. 日本信用情報機構、第三者に信用情報を開示 ~ 本人確認書類偽造によるなりすまし

    日本信用情報機構、第三者に信用情報を開示 ~ 本人確認書類偽造によるなりすまし

ランキングをもっと見る