動画投稿サイトへの「大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL」コンテンツの無断投稿、アカウント停止処分に | ScanNetSecurity
2020.10.28(水)

動画投稿サイトへの「大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL」コンテンツの無断投稿、アカウント停止処分に

海外メディアNintendo Insiderは、『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』のリーク動画を投稿していた2つのチャンネルがアカウントの永久停止を受けたことについてまとめています。

国際 海外情報
発売前の『スマブラSP』コンテンツ無断投稿でYouTubeチャンネルが続々停止処分
発売前の『スマブラSP』コンテンツ無断投稿でYouTubeチャンネルが続々停止処分 全 3 枚 拡大写真
海外メディアNintendo Insiderは、『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』内のコンテンツを無断で投稿していた2つのチャンネルがアカウントの停止処分を受けたことを報告しました。

12月7日に発売を控えている『スマブラSP』ですが、海外では既にいわゆるフラゲ配信が始まっており、ゲームプレイのフッテージやゲーム内から抜き出されたサウンドトラック音源などがYouTubeを始めとする動画投稿サイトに投稿されています。

ゲーム内サウンドトラックの楽曲をアップロードしたYouTubeチャンネルCrunchiiは、著作権侵害の申し立てによりチャンネル停止(既にアクセス不能)。通常は3件の著作権侵害申し立てをされるとアカウントが停止されますが、Crunchiiは21件の申し立てを受けた旨をTwitter(現在は非公開アカウント)で語ったと伝えられています。また、Dystifyzerというチャンネルも警告を受け、11月25日時点で、7日以内にアカウントが削除されるとしていました。

Dystifyzerは、他のアップローダーに置いていかれたくなかったからリスクを承知の上で動画をアップロードしたと説明していますが、どのような理由であろうと、発売前のコンテンツを無断で公開するのは迷惑で危険な行為。配信/視聴、それぞれのハードルが低くなった今こそ、改めて再確認した方が良いのかもしれません。

発売前の『スマブラSP』コンテンツ無断投稿でYouTubeチャンネルが続々停止処分

《杉元悠》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 社員PCが「Emotet」感染、鳥羽洋行騙る暗号化ZIP付不審メール確認

    社員PCが「Emotet」感染、鳥羽洋行騙る暗号化ZIP付不審メール確認

  2. 「Emotet」関連相談が大幅増 ~ IPAの情報セキュリティ安心相談窓口

    「Emotet」関連相談が大幅増 ~ IPAの情報セキュリティ安心相談窓口

  3. Oracle Java SEに脆弱性 攻撃された場合の影響大、早急なアップデート呼びかけ

    Oracle Java SEに脆弱性 攻撃された場合の影響大、早急なアップデート呼びかけ

  4. フィッシングにひっかかりやすい「要注意メール件名」トップ10(KnowBe4)

    フィッシングにひっかかりやすい「要注意メール件名」トップ10(KnowBe4)

  5. 従業員のパソコンが「Emotet」感染、zip形式のマルウェア添付メールを送信(京セラ)

    従業員のパソコンが「Emotet」感染、zip形式のマルウェア添付メールを送信(京セラ)

  6. 「ドコモ口座」不正利用の被害件数を公開、補償完了は122件2,797万円に

    「ドコモ口座」不正利用の被害件数を公開、補償完了は122件2,797万円に

  7. シルバニアファミリーオンラインショップのメール流出、プログラム改修が原因

    シルバニアファミリーオンラインショップのメール流出、プログラム改修が原因

  8. ブロードバンドセキュリティが実施した脆弱性管理の500名調査の結果、見えてきた課題

    ブロードバンドセキュリティが実施した脆弱性管理の500名調査の結果、見えてきた課題PR

  9. 浮かび上がる全体像 CrowdStrike が結んだランサムウェアの点と線

    浮かび上がる全体像 CrowdStrike が結んだランサムウェアの点と線PR

  10. 「マンション・ラボ」に不正アクセス、記事ページが改ざん(つなぐネットコミュニケーションズ)

    「マンション・ラボ」に不正アクセス、記事ページが改ざん(つなぐネットコミュニケーションズ)

ランキングをもっと見る