Wi-Fi 起動爆弾を選挙中に発見、中東以外では初の事例(The Register) | ScanNetSecurity
2020.10.27(火)

Wi-Fi 起動爆弾を選挙中に発見、中東以外では初の事例(The Register)

警察によると、逮捕者の一人は爆弾製造の専門家で、Wi-Fi 起爆機構に取り組んでいたという。爆弾に Wi-Fi 信号を使用することは中東では数例あったものの、その他の地域では聞かれていなかった。今回が中東以外で初めての事例と考えられている。

国際 TheRegister
Wi-Fi 起動爆弾を選挙中に発見、中東以外では初の事例(The Register)
Wi-Fi 起動爆弾を選挙中に発見、中東以外では初の事例(The Register) 全 1 枚 拡大写真
 インドネシアで、爆弾に Wi-Fi で作動するサブ起爆装置を取り付けていたテロリストが逮捕されていた。今週(編集部註:2019 年 5 月 13 日週)、警察が発表した。

 この爆発物は今月に入ってからの強制捜査中に発見された。そこにはスイッチング機構が搭載されていて、メイン起動装置 ( SIM カードを利用し、携帯電話のテキストメッセージを受信することで起動する) が無線周波数ジャマーでブロックされた際には Wi-Fi 経由の信号を用いて起爆できるようになっていた。

《The Register》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 社員PCが「Emotet」感染、鳥羽洋行騙る暗号化ZIP付不審メール確認

    社員PCが「Emotet」感染、鳥羽洋行騙る暗号化ZIP付不審メール確認

  2. 「Emotet」関連相談が大幅増 ~ IPAの情報セキュリティ安心相談窓口

    「Emotet」関連相談が大幅増 ~ IPAの情報セキュリティ安心相談窓口

  3. Oracle Java SEに脆弱性 攻撃された場合の影響大、早急なアップデート呼びかけ

    Oracle Java SEに脆弱性 攻撃された場合の影響大、早急なアップデート呼びかけ

  4. フィッシングにひっかかりやすい「要注意メール件名」トップ10(KnowBe4)

    フィッシングにひっかかりやすい「要注意メール件名」トップ10(KnowBe4)

  5. 従業員のパソコンが「Emotet」感染、zip形式のマルウェア添付メールを送信(京セラ)

    従業員のパソコンが「Emotet」感染、zip形式のマルウェア添付メールを送信(京セラ)

  6. 「ドコモ口座」不正利用の被害件数を公開、補償完了は122件2,797万円に

    「ドコモ口座」不正利用の被害件数を公開、補償完了は122件2,797万円に

  7. ブロードバンドセキュリティが実施した脆弱性管理の500名調査の結果、見えてきた課題

    ブロードバンドセキュリティが実施した脆弱性管理の500名調査の結果、見えてきた課題PR

  8. シルバニアファミリーオンラインショップのメール流出、プログラム改修が原因

    シルバニアファミリーオンラインショップのメール流出、プログラム改修が原因

  9. 浮かび上がる全体像 CrowdStrike が結んだランサムウェアの点と線

    浮かび上がる全体像 CrowdStrike が結んだランサムウェアの点と線PR

  10. 「マンション・ラボ」に不正アクセス、記事ページが改ざん(つなぐネットコミュニケーションズ)

    「マンション・ラボ」に不正アクセス、記事ページが改ざん(つなぐネットコミュニケーションズ)

ランキングをもっと見る