1兆円突破、2017年度情報セキュリティ市場(JNSA) | ScanNetSecurity
2020.06.01(月)

1兆円突破、2017年度情報セキュリティ市場(JNSA)

JNSAは、セキュリティ市場調査ワーキンググループによる「2018年度 国内情報セキュリティ市場調査」を発表した。これによると2017年度の情報セキュリティ市場は1兆868億円となった。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
情報セキュリティ市場規模の推移
情報セキュリティ市場規模の推移 全 3 枚 拡大写真
NPO日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は6月12日、セキュリティ市場調査ワーキンググループによる「2018年度 国内情報セキュリティ市場調査」を発表した。これによると2017年度の情報セキュリティ市場は、ツール市場が5,674億円、サービス市場が5,194億円で、合計1兆868億円となった。2018年度の予測値は、ツール市場が5,871億円、サービス市場が5,389億円で、合計1兆1,260億円とみている。さらに2019年度の予測値は、ツール市場が6,128億円、サービス市場が5,643億円で、合計1兆1,177億円になると予測している。

情報セキュリティツール市場では、コンテンツセキュリティ対策製品が2,154億円で38%を占め、アイデンティティ・アクセス管理製品が1,179億円で20.8%、システムセキュリティ管理製品が870億円で15.3%、ネットワーク脅威対策製品が826億円で14.6%と続いた。もっとも伸び率が高かったのはセキュリティ情報管理システム・製品で128.7%。2018年度の予測値でも、セキュリティ情報管理システム・製品が20.0%でもっとも伸びるとしている。

情報セキュリティサービス市場では、セキュリティ運用・管理サービスが2,444億円で47%を占め、セキュアシステム構築サービスが1,155億円で22%、情報セキュリティコンサルテーションが1,053億円で20%と続いた。もっとも伸び率が高かったのは情報セキュリティ関連認証・審査・監査機関(サービス)で168.5%。2018年度の予測値では、情報セキュリティ関連資格認定及び教育サービスが10.0%でもっとも伸びるとしている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 楽天を騙るフィッシングメールを確認、注意喚起を発表(フィッシング対策協議会)

    楽天を騙るフィッシングメールを確認、注意喚起を発表(フィッシング対策協議会)

  2. 今後Nコムは旧サービスにも最新セキュリティ対策実施、撤去予定サーバ経由の不正アクセス発生受け(NTT Com)

    今後Nコムは旧サービスにも最新セキュリティ対策実施、撤去予定サーバ経由の不正アクセス発生受け(NTT Com)

  3. 日本はランサムウェア暗号化成功率世界最悪、復旧費用は世界2位の高額(ソフォス)

    日本はランサムウェア暗号化成功率世界最悪、復旧費用は世界2位の高額(ソフォス)

  4. 愛知県の新型コロナウイルス感染者の氏名等495件誤掲載

    愛知県の新型コロナウイルス感染者の氏名等495件誤掲載

  5. テレワーク実施実態調査:都道府県別・業界別・職種別

    テレワーク実施実態調査:都道府県別・業界別・職種別

  6. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  7. メール配信プログラムのコーディングミス重なる、原価マスク販売で誤送信(トリニティ)

    メール配信プログラムのコーディングミス重なる、原価マスク販売で誤送信(トリニティ)

  8. やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

    やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

  9. サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

    サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

  10. iOSに“脱獄”につながる未対策の脆弱性(JVN)

    iOSに“脱獄”につながる未対策の脆弱性(JVN)

ランキングをもっと見る