国民健康保険療養費の口座振込済通知書を誤送付(つくば市) | ScanNetSecurity
2019.10.20(日)

国民健康保険療養費の口座振込済通知書を誤送付(つくば市)

茨城県つくば市は7月12日、国民健康保険療養費の請求者に口座振込済通知書を送付した際に、誤送付が判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 2 枚 拡大写真
茨城県つくば市は7月12日、国民健康保険療養費の請求者に口座振込済通知書を送付した際に、誤送付が判明したと発表した。

これは7月9日付けで、国民健康保険療養費の請求者に口座振込済通知書を送付した際に、誤った口座情報を記載した通知書を送付したというもので、送付先の住所、氏名と口座情報を別々にデータ管理していたため、それぞれの管理番号が異なっており、送付時に組み合わせる際に宛先と口座情報が相違したのが原因。

対象となるのは療養費支給対象者735名のうち43名で、口座振込済通知書には口座名義人、振込先の銀行名及び支店名、振込金額、療養を受けた者の氏名、療養の内容が記載されていた。なお、実際の振込先と振込金額には誤りはないとのこと。

同市では、誤送付の対象者に電話にて口座情報が誤りの旨を伝え謝罪した。また職員が、対象者の自宅に訪問し送付した通知書の回収を行い、不在の場合は郵送にて返却を依頼する予定。

同市では今後、ファイルの管理方法を統一するとともに送付前に複数人で通知書を確認し、確認者がチェックシートに押印することで再発防止を図るとのこと。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 「Pulse Secure SSL VPN」に任意コマンド実行など複数の脆弱性(JVN)

    「Pulse Secure SSL VPN」に任意コマンド実行など複数の脆弱性(JVN)

  2. インシデント21%、フィッシングサイト46% 報告件数増加(JPCERT/CC)

    インシデント21%、フィッシングサイト46% 報告件数増加(JPCERT/CC)

  3. 「お取り寄せページ」へ不正アクセス、最大18,855件のカード情報が流出(京都一の傳)

    「お取り寄せページ」へ不正アクセス、最大18,855件のカード情報が流出(京都一の傳)

  4. BIND 9.xに2つの脆弱性、アップデートを呼びかけ(JPRS、JVN)

    BIND 9.xに2つの脆弱性、アップデートを呼びかけ(JPRS、JVN)

  5. ここが変だよ日本のセキュリティ 第39回 「セキュリティがときめく片付けの魔法」

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第39回 「セキュリティがときめく片付けの魔法」

  6. ペネトレーションテスターが業務中に逮捕される、“信じられないほどの不手際が重なった” のか(The Register)

    ペネトレーションテスターが業務中に逮捕される、“信じられないほどの不手際が重なった” のか(The Register)

  7. IoT機器によるDDoS攻撃の代行は月額40ドル--地下市場調査(トレンドマイクロ)

    IoT機器によるDDoS攻撃の代行は月額40ドル--地下市場調査(トレンドマイクロ)

  8. 「Ameba」検証作業用の内部資料を誤ってインターネット上で公開(サイバーエージェント)

    「Ameba」検証作業用の内部資料を誤ってインターネット上で公開(サイバーエージェント)

  9. 監視カメラが撮影した顔画像のプライバシー保護技術提供、欧州GDPR規制等 背景(凸版印刷)

    監視カメラが撮影した顔画像のプライバシー保護技術提供、欧州GDPR規制等 背景(凸版印刷)

  10. インターコムクラブへパスワードリスト型攻撃、ポイントの不正交換も確認(ジャックス)

    インターコムクラブへパスワードリスト型攻撃、ポイントの不正交換も確認(ジャックス)

ランキングをもっと見る