国民健康保険療養費の口座振込済通知書を誤送付(つくば市) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.08.21(水)

国民健康保険療養費の口座振込済通知書を誤送付(つくば市)

茨城県つくば市は7月12日、国民健康保険療養費の請求者に口座振込済通知書を送付した際に、誤送付が判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 2 枚 拡大写真
茨城県つくば市は7月12日、国民健康保険療養費の請求者に口座振込済通知書を送付した際に、誤送付が判明したと発表した。

これは7月9日付けで、国民健康保険療養費の請求者に口座振込済通知書を送付した際に、誤った口座情報を記載した通知書を送付したというもので、送付先の住所、氏名と口座情報を別々にデータ管理していたため、それぞれの管理番号が異なっており、送付時に組み合わせる際に宛先と口座情報が相違したのが原因。

対象となるのは療養費支給対象者735名のうち43名で、口座振込済通知書には口座名義人、振込先の銀行名及び支店名、振込金額、療養を受けた者の氏名、療養の内容が記載されていた。なお、実際の振込先と振込金額には誤りはないとのこと。

同市では、誤送付の対象者に電話にて口座情報が誤りの旨を伝え謝罪した。また職員が、対象者の自宅に訪問し送付した通知書の回収を行い、不在の場合は郵送にて返却を依頼する予定。

同市では今後、ファイルの管理方法を統一するとともに送付前に複数人で通知書を確認し、確認者がチェックシートに押印することで再発防止を図るとのこと。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 「BIG-IP」に重大な脆弱性、関連情報を紹介(エフセキュア)

    「BIG-IP」に重大な脆弱性、関連情報を紹介(エフセキュア)

  2. 3,411件患者個人情報流出、データ匿名化するも運用の繁雑さから形骸化(横浜市立大学)

    3,411件患者個人情報流出、データ匿名化するも運用の繁雑さから形骸化(横浜市立大学)

  3. Apache HTTP Web Server 2.4系アップデート、複数の脆弱性に対応(JVN)

    Apache HTTP Web Server 2.4系アップデート、複数の脆弱性に対応(JVN)

  4. シンガポール子会社に不正アクセス、顧客情報が流出(みずほ銀行)

    シンガポール子会社に不正アクセス、顧客情報が流出(みずほ銀行)

  5. 近畿地方整備局の保守業務事業者へ標的型メール攻撃、設備資料6件が流出可能性(国土交通省)

    近畿地方整備局の保守業務事業者へ標的型メール攻撃、設備資料6件が流出可能性(国土交通省)

  6. メール誤送信、添付ファイルサイズ制限で「安心一斉送信システム」使用できず(大阪府)

    メール誤送信、添付ファイルサイズ制限で「安心一斉送信システム」使用できず(大阪府)

  7. 不正アクセスでカード情報流出、安全のためサービス再開を断念(HARIO)

    不正アクセスでカード情報流出、安全のためサービス再開を断念(HARIO)

  8. 毎年アンチウイルスを更新する「攻め」のセキュリティグループはなぜ、CrowdStrike の EDR を選定したか

    毎年アンチウイルスを更新する「攻め」のセキュリティグループはなぜ、CrowdStrike の EDR を選定したかPR

  9. 顧客情報ファイル誤送信、再発防止としてシステム導入決定(ボルボ・カー・ジャパン)

    顧客情報ファイル誤送信、再発防止としてシステム導入決定(ボルボ・カー・ジャパン)

  10. サイバー犯罪捜査官、採用選考受付8月1日から(大阪府警察)

    サイバー犯罪捜査官、採用選考受付8月1日から(大阪府警察)

ランキングをもっと見る