攻撃検知AIエンジン「Cyneural」を開発、WAFで未知の攻撃を検知(サイバーセキュリティクラウド) | ScanNetSecurity
2019.11.15(金)

攻撃検知AIエンジン「Cyneural」を開発、WAFで未知の攻撃を検知(サイバーセキュリティクラウド)

サイバーセキュリティクラウドは、ディープラーニング(深層学習)を用いた攻撃検知AIエンジン「Cyneural」を新たに開発し、運用を開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
「Cyneural」のディープラーニング
「Cyneural」のディープラーニング 全 1 枚 拡大写真
株式会社サイバーセキュリティクラウドは8月7日、ディープラーニング(深層学習)を用いた攻撃検知AIエンジン「Cyneural」を新たに開発し、運用を開始したと発表した。脅威インテリジェンスと併せて活用することで、従来のWAFでは検知すること自体が困難であった、未知のサイバー攻撃やAIなどを用いた高精度な攻撃への検知・分析等を実現するとしている。

シグネチャベースのWAF対策では、AIやBOTなどを活用した複雑な攻撃や、未知の攻撃に対しては、検知が困難であったり、正常なアクセスを誤検知してしまうなどの問題が発生する可能性がある。防御側にもAIのような柔軟性を持った技術の活用が求められている状況から、Cyneuralを開発したという。

今回、同社が開発したエンジンでは、ディープラーニングを採用し、同社が持つ約550億件/月(2019年7月)のデータをリアルタイムに分析、AIに学習させることで、未知のサイバー攻撃の可能性が高いアクセスを発見・検知することが可能な攻撃検知エンジンの開発を実現。また、脅威インテリジェンスを活用してシグネチャをアップデートすることで、より高精度なサイバーセキュリティを提供することが可能になるとしている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. メール誤送信後に隠蔽を行った25歳職員を懲戒処分(川崎市)

    メール誤送信後に隠蔽を行った25歳職員を懲戒処分(川崎市)

  2. CrowdStrike Blog:新学期をさらに憂うつにさせるランサムウェア

    CrowdStrike Blog:新学期をさらに憂うつにさせるランサムウェア

  3. サイバーリスク増大予想するも準備はできていないと考える日本(ファイア・アイ)

    サイバーリスク増大予想するも準備はできていないと考える日本(ファイア・アイ)

  4. 「カードの不正使用を検知し凍結した」とする、MyJCB偽メール(フィッシング対策協議会)

    「カードの不正使用を検知し凍結した」とする、MyJCB偽メール(フィッシング対策協議会)

  5. マイクロソフトが月例セキュリティ情報を公開、悪用も確認(IPA、JPCERT/CC)

    マイクロソフトが月例セキュリティ情報を公開、悪用も確認(IPA、JPCERT/CC)

  6. 独裁者御用達マルウェア「フィンフィッシャー」作成企業、ドイツのジャーナリストへ脅迫状 ~ 奴らは「ストライサンド効果」を知らないのか(The Register)

    独裁者御用達マルウェア「フィンフィッシャー」作成企業、ドイツのジャーナリストへ脅迫状 ~ 奴らは「ストライサンド効果」を知らないのか(The Register)

  7. 「5pb. Records div2 official shop」へ不正アクセス、カード情報が流出(コムス)

    「5pb. Records div2 official shop」へ不正アクセス、カード情報が流出(コムス)

  8. 重要インフラ14分野による分野横断的演習を開催、約5,000名が参加(NISC)

    重要インフラ14分野による分野横断的演習を開催、約5,000名が参加(NISC)

  9. Web上で行えるAndroidアプリの脆弱性診断サービス、LACへ譲渡(ラック)

    Web上で行えるAndroidアプリの脆弱性診断サービス、LACへ譲渡(ラック)

  10. MITRE ATT&CKフレームワーク等に準じた疑似攻撃で対策の有効性評価(ファイア・アイ)

    MITRE ATT&CKフレームワーク等に準じた疑似攻撃で対策の有効性評価(ファイア・アイ)

ランキングをもっと見る