攻撃検知AIエンジン「Cyneural」を開発、WAFで未知の攻撃を検知(サイバーセキュリティクラウド) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.08.26(月)

攻撃検知AIエンジン「Cyneural」を開発、WAFで未知の攻撃を検知(サイバーセキュリティクラウド)

サイバーセキュリティクラウドは、ディープラーニング(深層学習)を用いた攻撃検知AIエンジン「Cyneural」を新たに開発し、運用を開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
「Cyneural」のディープラーニング
「Cyneural」のディープラーニング 全 1 枚 拡大写真
株式会社サイバーセキュリティクラウドは8月7日、ディープラーニング(深層学習)を用いた攻撃検知AIエンジン「Cyneural」を新たに開発し、運用を開始したと発表した。脅威インテリジェンスと併せて活用することで、従来のWAFでは検知すること自体が困難であった、未知のサイバー攻撃やAIなどを用いた高精度な攻撃への検知・分析等を実現するとしている。

シグネチャベースのWAF対策では、AIやBOTなどを活用した複雑な攻撃や、未知の攻撃に対しては、検知が困難であったり、正常なアクセスを誤検知してしまうなどの問題が発生する可能性がある。防御側にもAIのような柔軟性を持った技術の活用が求められている状況から、Cyneuralを開発したという。

今回、同社が開発したエンジンでは、ディープラーニングを採用し、同社が持つ約550億件/月(2019年7月)のデータをリアルタイムに分析、AIに学習させることで、未知のサイバー攻撃の可能性が高いアクセスを発見・検知することが可能な攻撃検知エンジンの開発を実現。また、脅威インテリジェンスを活用してシグネチャをアップデートすることで、より高精度なサイバーセキュリティを提供することが可能になるとしている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 米裁判所が異例の常識的判断、Wannacry 仕留めた後 FBI に逮捕された英国人技術者を無罪放免(The Register)

    米裁判所が異例の常識的判断、Wannacry 仕留めた後 FBI に逮捕された英国人技術者を無罪放免(The Register)

  2. 近畿地方整備局の保守業務事業者へ標的型メール攻撃、設備資料6件が流出可能性(国土交通省)

    近畿地方整備局の保守業務事業者へ標的型メール攻撃、設備資料6件が流出可能性(国土交通省)

  3. 新潟へぎそば通販サイトへ不正アクセス、2015年12月以降のカード決済情報流出(小嶋屋総本店)

    新潟へぎそば通販サイトへ不正アクセス、2015年12月以降のカード決済情報流出(小嶋屋総本店)

  4. 6月末からメンテナンス中の「ECオーダー.com」カード情報流出の疑い(チャンピオンソフト、まどそふと、エウクレイア、葉月)

    6月末からメンテナンス中の「ECオーダー.com」カード情報流出の疑い(チャンピオンソフト、まどそふと、エウクレイア、葉月)

  5. 「セキュリティ要素が低い」とアカウント審査に誘導するAmazon偽メール(フィッシング対策協議会)

    「セキュリティ要素が低い」とアカウント審査に誘導するAmazon偽メール(フィッシング対策協議会)

  6. DevOpsにはセキュリティ部門の関与が重要と認識するも実態は遠く(トレンドマイクロ)

    DevOpsにはセキュリティ部門の関与が重要と認識するも実態は遠く(トレンドマイクロ)

  7. パスワードリスト攻撃による不正ログイン、カード不正利用確認(イオン銀行、イオンクレジットサービス)

    パスワードリスト攻撃による不正ログイン、カード不正利用確認(イオン銀行、イオンクレジットサービス)

  8. 不正アクセスでカード情報流出、安全期してショッピングサイト新規開設し再スタート(HARIO)

    不正アクセスでカード情報流出、安全期してショッピングサイト新規開設し再スタート(HARIO)

  9. 「日本セキュリティ協会」を名乗る電話アンケートに注意

    「日本セキュリティ協会」を名乗る電話アンケートに注意

  10. 10連休控え例年より早く発表、今年の長期休暇におけるセキュリティ注意喚起(IPA)

    10連休控え例年より早く発表、今年の長期休暇におけるセキュリティ注意喚起(IPA)

ランキングをもっと見る