誤送信でメールアドレス流出、今後通常メールソフト使用禁止しシステム対応(坂本ラヂヲ) | ScanNetSecurity
2020.09.19(土)

誤送信でメールアドレス流出、今後通常メールソフト使用禁止しシステム対応(坂本ラヂヲ)

スマートフォンアクセサリーや音響製品、PC周辺機器の企画・デザイン・製造・販売を行う坂本ラヂヲ株式会社は9月21日、宛先の顧客のメールアドレスが互いに表示される状態で一斉送信したことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 3 枚 拡大写真
スマートフォンアクセサリーや音響製品、PC周辺機器の企画・デザイン・製造・販売を行う坂本ラヂヲ株式会社は9月21日、宛先の顧客のメールアドレスが互いに表示される状態で一斉送信したことが判明したと発表した。

これは9月20日午後7時19分に、同社にて予約製品の一部の発送が遅れることを連絡するために「発送遅延に関するお知らせ」メールを一斉送信した際に誤って宛先「TO」欄に顧客のメールアドレスを入力した状態で送信したというもので、同日中に宛先の顧客から指摘があり判明した。当該メールを一斉送信する際に、メールアドレス入力欄の確認を怠っていたことが原因。

流出したのは、メール送信した顧客のメールアドレス19件。

同社では9月20日に、19名の送信者に謝罪メールを送信済みだが、改めて当該メールの削除依頼を行う予定。

同社では再発防止策として、今後は複数の宛先にメール送信を行う際には通常のメールソフトからの配信を禁止し、メールアドレスリストからの個別配信に対応したソフトを使用することで、宛先欄入力間違いをシステム的に対策する。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 事務局のパソコンが「Emotet」感染、パスワード付きZipファイル添付に注意呼びかけ(日本医師会)

    事務局のパソコンが「Emotet」感染、パスワード付きZipファイル添付に注意呼びかけ(日本医師会)

  2. 社内パソコンがウイルス感染、メール送受信履歴に含まれるアドレスへなりすましメールを送付(ライフ)

    社内パソコンがウイルス感染、メール送受信履歴に含まれるアドレスへなりすましメールを送付(ライフ)

  3. TLS 1.2以前の暗号を解読する「Raccoon Attack」攻撃(JVN)

    TLS 1.2以前の暗号を解読する「Raccoon Attack」攻撃(JVN)

  4. 社員PCがEmotetに感染、社内外のメールデータが流出(岩出建設)

    社員PCがEmotetに感染、社内外のメールデータが流出(岩出建設)

  5. 社内パソコンがEmotet感染、取引先でも不審メールを確認(山一商事)

    社内パソコンがEmotet感染、取引先でも不審メールを確認(山一商事)

  6. 「Emotet」関連相談が急増、パスワード付きZIPファイル添付攻撃も確認(IPA)

    「Emotet」関連相談が急増、パスワード付きZIPファイル添付攻撃も確認(IPA)

  7. パスワードリスト型攻撃のフォレンジック調査で新たな不正ログイン判明(三越伊勢丹)

    パスワードリスト型攻撃のフォレンジック調査で新たな不正ログイン判明(三越伊勢丹)

  8. 開発者がセキュリティの責を負う時代到来か、セキュアコーディングのSaaS型eラーニングサービス開始(Flatt Security)

    開発者がセキュリティの責を負う時代到来か、セキュアコーディングのSaaS型eラーニングサービス開始(Flatt Security)

  9. LINEアカウントへ不正ログイン試行、日本が41,204件でTOPに(LINE)

    LINEアカウントへ不正ログイン試行、日本が41,204件でTOPに(LINE)

  10. PCI DSS v4.0 が 2021年公開、8 年ぶりのメジャーバージョンアップ ~ 改訂の 2 つの目的と移行スケジュール

    PCI DSS v4.0 が 2021年公開、8 年ぶりのメジャーバージョンアップ ~ 改訂の 2 つの目的と移行スケジュールPR

ランキングをもっと見る