英で個人事業主に税金還付騙る詐欺大量発生 - 電話・メール・Web・検索結果、手口の詳細と対策(The Register) | ScanNetSecurity
2024.05.29(水)

英で個人事業主に税金還付騙る詐欺大量発生 - 電話・メール・Web・検索結果、手口の詳細と対策(The Register)

英国歳入関税庁( HMRC )によると、詐欺師たちは個人事業主をいい標的だと考えており、税金の還付を騙ってさまざまな詐欺を働いているという。

国際 TheRegister
英国歳入関税庁( HMRC:HM Revenue & Customs )
英国歳入関税庁( HMRC:HM Revenue & Customs ) 全 1 枚 拡大写真
 英国の税務当局は、税金の自主申告システムを装った詐欺に注意するよう、請負契約で業務を行う個人事業主に対して正式な注意喚起を発している。いつもと違い、IR35(偽装雇用による納税回避を防ぐ法律)の話ではない。

 英国歳入関税庁( HMRC )によると、詐欺師たちは個人事業主をいい標的だと考えており、税金の還付を騙ってさまざまな詐欺を働いているという。こうした問題は 11 月ごろから英国の確定申告の期日である 1 月 31 日にかけてピークに達するため、当局は 11 月 20 日に注意喚起を公表したのだ。

 「 HMRC では昨年、電話、テキストメッセージ、電子メールによる HMRC からの不審な連絡について、一般市民からおよそ 90 万件近くの報告を受けました」同庁の公表した文書ではそう述べられている。「そのうち 10 万件超が電話による詐欺であり、また一般市民から寄せられた 62 万件の報告が嘘の税金還付に関するものでした」。

《The Register》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

    半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

  2. SPF / DKIM / DMARC はどう機能したか ~ フィッシングメール 596 件対象に分析

    SPF / DKIM / DMARC はどう機能したか ~ フィッシングメール 596 件対象に分析

  3. 社内用ポータルサイトを誤って公開、最大 約 42,400 名の顧客の個人情報がアクセス可能に

    社内用ポータルサイトを誤って公開、最大 約 42,400 名の顧客の個人情報がアクセス可能に

  4. 岡山県精神科医療センターにランサムウェア攻撃、電子カルテのシステムで不具合

    岡山県精神科医療センターにランサムウェア攻撃、電子カルテのシステムで不具合

  5. セキュリティ企業ホラ吹きCEOバカ一代記

    セキュリティ企業ホラ吹きCEOバカ一代記

  6. バッファロー製 Wi-Fi ルータ WSR-1166DHP シリーズのボット感染を確認、複雑なパスワードへの変更を呼びかけ

    バッファロー製 Wi-Fi ルータ WSR-1166DHP シリーズのボット感染を確認、複雑なパスワードへの変更を呼びかけ

  7. 「mixi」に不正ログイン、個人データが第三者に漏えいしたおそれ

    「mixi」に不正ログイン、個人データが第三者に漏えいしたおそれ

  8. 日経225企業 9割 DMARC導入も「quarantine」「reject」設定は 26.8%、ワンクリック購読解除利用率は 77.7%

    日経225企業 9割 DMARC導入も「quarantine」「reject」設定は 26.8%、ワンクリック購読解除利用率は 77.7%

  9. 北洲のサーバに不正アクセス、攻撃者が一部ファイルを開いた可能性を確認

    北洲のサーバに不正アクセス、攻撃者が一部ファイルを開いた可能性を確認

  10. 自工会と部工会のサイバーセキュリティガイドライン2.1版に対応した「コーポレートセキュリティメニュー」提供

    自工会と部工会のサイバーセキュリティガイドライン2.1版に対応した「コーポレートセキュリティメニュー」提供

ランキングをもっと見る