Nagios XI のスケジュール機能における OS コマンドインジェクションの脆弱性(Scan Tech Report) | ScanNetSecurity
2024.07.17(水)

Nagios XI のスケジュール機能における OS コマンドインジェクションの脆弱性(Scan Tech Report)

Nagios XI に、スケジュール機能のコードに存在する入力値検証不備に起因する、遠隔から任意の OS コマンドを実行させることが可能となる脆弱性が公開されています。

脆弱性と脅威 エクスプロイト
Nagios XI
Nagios XI 全 1 枚 拡大写真
◆概要

2019 年 12 月に、ネットワーク監視ソフトウェアである Nagios XI に、遠隔から任意の OS コマンドが実行可能となる脆弱性が公開されています。攻撃者が管理者用 Web コンソールへのアクセスに成功した場合、悪意のある OS コマンドの実行によってホストに侵入されてしまいます。ソフトウェアのアップデートにより対策してください。

◆分析者コメント

脆弱性は管理者用 Web コンソール内に存在するため、当該脆弱性を悪用するには管理者用 Web コンソールへの認証に成功している必要があります。ソフトウェアの性質を考慮すると、インターネット上に公開されている可能性が低いソフトウェアであると考えられますが、意図せず外部に公開されていた場合や、攻撃者が内部ネットワークへの侵入に成功した場合は、当該脆弱性を悪用して侵入されてしまう可能性があります。ソフトウェアのアップデートによる対策と合わせて、アクセス制御を見直してください。

◆深刻度(CVSS)

[CVSS v3]
8.8
https://nvd.nist.gov/vuln-metrics/cvss/v3-calculator?name=CVE-2019-20197&vector=AV:N/AC:L/PR:L/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H&version=3.1&source=NIST

◆影響を受けるソフトウェア

Nagios XI のバージョン 5.6.10 未満

◆解説

Nagios XI に、スケジュール機能のコードに存在する入力値検証不備に起因する、遠隔から任意の OS コマンドを実行させることが可能となる脆弱性が公開されています。

《株式会社ラック デジタルペンテスト部》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 2021年の「不正アクセスによる情報流出の可能性に関するお詫びとお知らせ」を2024年9月30日に削除 ~ 丸紅パワー&インフラシステムズ

    2021年の「不正アクセスによる情報流出の可能性に関するお詫びとお知らせ」を2024年9月30日に削除 ~ 丸紅パワー&インフラシステムズ

  2. 本誌 ScanNetSecurity、Black Hat USA 2024 のプレス登録に落選

    本誌 ScanNetSecurity、Black Hat USA 2024 のプレス登録に落選PR

  3. 浪江町職員が不正アクセスで逮捕

    浪江町職員が不正アクセスで逮捕

  4. イセトーへのランサムウェア攻撃で日本生命保険の個人情報が漏えい

    イセトーへのランサムウェア攻撃で日本生命保険の個人情報が漏えい

  5. ユニテックフーズに不正アクセス、サーバ上のファイルの拡張子が書き換えられる

    ユニテックフーズに不正アクセス、サーバ上のファイルの拡張子が書き換えられる

  6. 新日本製薬にランサムウェア攻撃、全ての業務は通常通り稼働

    新日本製薬にランサムウェア攻撃、全ての業務は通常通り稼働

  7. 日本生命保険の元社員を威力業務妨害の容疑で逮捕

    日本生命保険の元社員を威力業務妨害の容疑で逮捕

  8. わずか 22.9 % ~ ランサムウェア身代金「支払いは行わない」方針でルール化

    わずか 22.9 % ~ ランサムウェア身代金「支払いは行わない」方針でルール化

  9. 日本プルーフポイント増田幸美のセキュリティ情報プレゼンテーション必勝ノウハウ

    日本プルーフポイント増田幸美のセキュリティ情報プレゼンテーション必勝ノウハウPR

  10. パルグループのサーバに不正アクセス、ポイント反映に影響

    パルグループのサーバに不正アクセス、ポイント反映に影響

ランキングをもっと見る