日本ハッカー協会杉浦氏が OSINT を解説、メールアドレスでここまで情報が入手可能 | ScanNetSecurity
2022.07.01(金)

日本ハッカー協会杉浦氏が OSINT を解説、メールアドレスでここまで情報が入手可能

メールアドレスがわかれば、どこまでの情報が第三者に分かってしまうのか、一般社団法人 日本ハッカー協会 代表理事の杉浦 隆幸氏が、メールアドレスを起点としたOSINTで、どんな情報が得られるかを解説した。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
不敵に髪をかきあげる 一般社団法人日本ハッカー協会 代表理事 杉浦 隆幸 氏
不敵に髪をかきあげる 一般社団法人日本ハッカー協会 代表理事 杉浦 隆幸 氏 全 7 枚 拡大写真

《阿部 欽一》

この記事の写真

/

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. 名古屋大学にブラインドSQLインジェクション、2,000件のメールアドレスが漏えいした可能性

    名古屋大学にブラインドSQLインジェクション、2,000件のメールアドレスが漏えいした可能性

  2. ディスクユニオンのオンラインショップで最大約70万件の個人情報が漏えいした可能性

    ディスクユニオンのオンラインショップで最大約70万件の個人情報が漏えいした可能性

  3. 富士通、AI のセキュリティリスク分析ツールを無償公開

    富士通、AI のセキュリティリスク分析ツールを無償公開

  4. 「東芝グループ サイバーセキュリティ報告書2022」公表、成熟度自己評価も掲載

    「東芝グループ サイバーセキュリティ報告書2022」公表、成熟度自己評価も掲載

  5. カラコン・コスメ専門通販「サンシティ公式店」に不正アクセス、懸念から公表まで1年を要す

    カラコン・コスメ専門通販「サンシティ公式店」に不正アクセス、懸念から公表まで1年を要す

ランキングをもっと見る
PageTop