航空・ホテル大手に科された GDPR 罰金 400 億円、なぜ期限延長された(The Register) | ScanNetSecurity
2024.06.22(土)

航空・ホテル大手に科された GDPR 罰金 400 億円、なぜ期限延長された(The Register)

英国情報コミッショナーオフィス( ICO )はブリティッシュ・エアウェイズ( BA )と米国のホテルチェーン、マリオットへのデータ流出の罰金 2 億 8,000 万ポンドを棚上げした。

国際 TheRegister
ICO(https://ico.org.uk/)
ICO(https://ico.org.uk/) 全 1 枚 拡大写真
 英国情報コミッショナーオフィス( ICO )はブリティッシュ・エアウェイズ( BA )と米国のホテルチェーン、マリオットへのデータ流出の罰金 2 億 8,000 万ポンドを棚上げした。

 シティの法律事務所ミシュコン・デ・レヤが突き止めたとおり、ICO は BA が 1 億 8,300 万ポンド、マリオットが 9,900 万ポンド、併せて 2 億 8,200 万ポンド(編集部註:約 40 億円)になるとしていた罰金を両企業に科す期限を延長した。

 英国のデータ保護機関は声明のなかで次のように言及している。「2018 年データ保護法附則第 16 に基づき、BA (およびマリオット) と ICO は規制手続きを 2020 年 3 月 31 日まで延長することに合意した。規制手続きが進行中のため、現時点でこれ以上のコメントは差し控える」

《The Register》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. グリコの基幹システム障害、一部商品出荷を 6 / 25 以降再開

    グリコの基幹システム障害、一部商品出荷を 6 / 25 以降再開

  2. 「プレミアムバンダイ」会員情報漏えいの可能性、委託先従業員が私物ハードディスクを使用

    「プレミアムバンダイ」会員情報漏えいの可能性、委託先従業員が私物ハードディスクを使用

  3. フジクラのタイ子会社に不正アクセス、国際ネットワーク経由で日本のグループ各社のサーバにも痕跡

    フジクラのタイ子会社に不正アクセス、国際ネットワーク経由で日本のグループ各社のサーバにも痕跡

  4. セキュリティ企業の セキュリティ企業による セキュリティ企業のための投資ファンド ~ GSX 青柳史郎が語る「日本サイバーセキュリティファンド」設立趣旨

    セキュリティ企業の セキュリティ企業による セキュリティ企業のための投資ファンド ~ GSX 青柳史郎が語る「日本サイバーセキュリティファンド」設立趣旨PR

  5. 横浜国立大学 学生間でメールアドレスが閲覧可能に 1万人利用可のクラウドサービスで

    横浜国立大学 学生間でメールアドレスが閲覧可能に 1万人利用可のクラウドサービスで

  6. 杏林大学職員 詐欺サイト クリックしたら不正アクセス被害

    杏林大学職員 詐欺サイト クリックしたら不正アクセス被害

  7. 今日もどこかで情報漏えい 第25回「2024年5月の情報漏えい」“いたずらに混乱” しているのはおまえらでは

    今日もどこかで情報漏えい 第25回「2024年5月の情報漏えい」“いたずらに混乱” しているのはおまえらでは

  8. ID リンク・マネージャーおよびFUJITSU Software TIME CREATORに複数の脆弱性

    ID リンク・マネージャーおよびFUJITSU Software TIME CREATORに複数の脆弱性

  9. イセトーにランサムウェア攻撃、阿波銀行・藤沢市・茅ヶ崎市にも影響

    イセトーにランサムウェア攻撃、阿波銀行・藤沢市・茅ヶ崎市にも影響

  10. 日本の CISO の 66%「ヒューマンエラーは最大のサイバー脆弱性」 ~ プルーフポイント「CISO意識調査レポート 2024」

    日本の CISO の 66%「ヒューマンエラーは最大のサイバー脆弱性」 ~ プルーフポイント「CISO意識調査レポート 2024」

ランキングをもっと見る