サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁) | ScanNetSecurity
2020.04.06(月)

サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

 警察庁は2020年2月6日、「2019年(令和元年)の犯罪情勢」の暫定値を発表した。児童虐待の通告数と検挙数が過去最多を更新したほか、SNSに起因する事犯の被害児童も過去5年間で26.8%増え、過去最多の2,095人となった。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
SNSに起因する事犯の被害児童数
SNSに起因する事犯の被害児童数 全 7 枚 拡大写真
 警察庁は2020年2月6日、「2019年(令和元年)の犯罪情勢」の暫定値を発表した。児童虐待の通告数と検挙数が過去最多を更新したほか、SNSに起因する事犯の被害児童も過去5年間で26.8%増え、過去最多の2,095人となった。

 2019年の犯罪情勢を図る指標のうち、刑法犯認知件数の総数は74万8,623件と、前年(2018年)に引き続き戦後最少を更新。刑法犯検挙件数の総数は29万4,254件と引き続き減少し、検挙率は39.3%と前年より1.4ポイント上昇した。

 サイバー犯罪の検挙件数は、2012年から増加傾向にあり、2019年は9,542件と前年比で5.6%、過去5年間で17.9%増加している。

 SNSに起因する事犯の18歳未満の被害児童は、過去最多の2,095人。2013年以降増加傾向にあり、2019年は前年比で15.7%、過去5年間で26.8%増加した。サイバー空間を通じて他人と知り合うことなどを契機として犯罪被害に遭う事例もみられるという。

 警察庁が2019年9月、全国の15歳以上の男女1万人を対象に実施したアンケート調査の結果によると、「過去1年間にサイバー犯罪の被害に遭う恐れのある経験をした」と回答した人は28.9%、「過去1年間にサイバー犯罪の被害に遭った」と回答した人は13.7%であった。

 18歳未満の子どもに対する虐待の通告数は、2009年以降一貫して増加し、2019年は9万7,842人。前年比で21.9%、過去5年間で2.6倍に増加している。児童虐待の検挙件数も増加傾向にあり、2019年は前年比41.8%増の1,957件。通告数、検挙数いずれもと過去最多を更新した。

 ストーカー事案の相談等件数は2万911件。前年比3.0%減少したものの、2013年以降2万件を超える高水準で推移。ストーカー規制法違反の検挙件数は863件と、前年比で0.8%減少したものの、過去5年間で27.5%増加している。

子どものSNS被害が過去最多2,095人、警察庁の犯罪情勢

《奥山直美@リセマム》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

アクセスランキング

  1. 従業員が顧客の取引履歴をツイート、社内規定に則り処分予定(晴れる屋)

    従業員が顧客の取引履歴をツイート、社内規定に則り処分予定(晴れる屋)

  2. セキュリティ・キャンプ修了生が起業した AI セキュリティ企業が資金調達(ChillStack)

    セキュリティ・キャンプ修了生が起業した AI セキュリティ企業が資金調達(ChillStack)

  3. 成人動画サービスの顧客情報漏えい続報、原因はCDNのキャッシュか(ソフト・オン・デマンド)

    成人動画サービスの顧客情報漏えい続報、原因はCDNのキャッシュか(ソフト・オン・デマンド)

  4. “情シス as a サービス”構想展開開始、第1弾はIT資産管理(バリオセキュア)

    “情シス as a サービス”構想展開開始、第1弾はIT資産管理(バリオセキュア)

  5. セーブデータの改造ツール提供の法人ら、技術的制限の不正回避で摘発(ACCS)

    セーブデータの改造ツール提供の法人ら、技術的制限の不正回避で摘発(ACCS)

  6. 自動投薬システムに、機微な情報を閲覧・改ざんされる脆弱性(JVN)

    自動投薬システムに、機微な情報を閲覧・改ざんされる脆弱性(JVN)

  7. 産業用ルータOS「HiOS」「HiSecOS」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

    産業用ルータOS「HiOS」「HiSecOS」に任意コード実行の脆弱性(JVN)

  8. iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

    iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

  9. オフィシャルサイトが改ざん被害で公開停止、原因解明中(ソニー・ミュージック)

    オフィシャルサイトが改ざん被害で公開停止、原因解明中(ソニー・ミュージック)

  10. 2019年消費者向けサイバーセキュリティ国際調査結果公開(ノートンライフロック)

    2019年消費者向けサイバーセキュリティ国際調査結果公開(ノートンライフロック)

ランキングをもっと見る