ネットバンキングの認証、可変パスワードが高い導入率(金融庁) | ScanNetSecurity
2021.06.20(日)

ネットバンキングの認証、可変パスワードが高い導入率(金融庁)

金融庁は10月7日、預金取扱金融機関を対象に「偽造キャッシュカード問題等に対する対応状況(令和2年3月末)」に係るアンケート調査を実施し、その結果を公表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
金融庁は10月7日、預金取扱金融機関を対象に「偽造キャッシュカード問題等に対する対応状況(令和2年3月末)」に係るアンケート調査を実施し、その結果を公表した。

同庁の調査によると、個人向けインターネットバンキングでの取引時における本人認証の状況について、可変パスワード導入済み金融機関の割合は主要行等(都市銀行)、地銀、第二地銀、その他の銀行、信用金庫、労働金庫、農漁協等で100%であったが、信用組合のみ対象の72機関中2機関で導入しておらず97.2%であった。個人向けインターネットバンキング実施金融機関数1,207行中1,205行で可変済みパスワードを導入していた。

また、法人向けインターネットバンキングでの取引時における本人認証の状況では、可変パスワード導入済み金融機関の割合は主要行等(都市銀行)、地銀、労働金庫で100%であったが、第二地銀が86.8%、その他の銀行81.8%、信用金庫94.5%、信用組合93.2%、農漁協等99.4%となっている。法人向けインターネットバンキング実施金融機関数1,124行中1,090行で可変済みパスワードを導入していた。

導入している可変パスワードの種類について、個人向けではパスワード生成器が94.9%と最も高く、電子メール68.6%、乱数表21.6%と続いた。

同様に、法人向けではパスワード生成器が87.6%と最も高く、乱数表18.0%、電子メール2.7%と続いた。農漁協等は個人向けではパスワード生成器、電子メールともに100%の導入率であったが、法人向けではパスワード生成器は99.4%と変わらず高いが、電子メールは0.2%と著しく低い結果となっている。

インターネットバンキングでの取引時における本人認証の状況について、全体的に個人向けの方が可変パスワード導入率が高く、それぞれの可変パスワードの導入率も高い結果となった。

《ScanNetSecurity》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. パラマウントベッド従業員の仮想デスクトップ環境がウイルス感染、過去のやりとりを装った不審メールを確認

    パラマウントベッド従業員の仮想デスクトップ環境がウイルス感染、過去のやりとりを装った不審メールを確認

  2. スポーツクラブNASへランサムウェア攻撃、会員管理システムに障害発生

    スポーツクラブNASへランサムウェア攻撃、会員管理システムに障害発生

  3. 富士通のプロジェクト情報共有ツールへの不正アクセス、総務省でも被害確認

    富士通のプロジェクト情報共有ツールへの不正アクセス、総務省でも被害確認

  4. 「糖質制限ドットコム」に不正アクセス、1年分の決済情報が流出

    「糖質制限ドットコム」に不正アクセス、1年分の決済情報が流出

  5. 富士フイルムへのランサムウェア攻撃、外部への情報流出の痕跡は確認されず

    富士フイルムへのランサムウェア攻撃、外部への情報流出の痕跡は確認されず

  6. クラウドの脅威はプロバイダ起因から利用者起因にシフト…CSAJの11大脅威

    クラウドの脅威はプロバイダ起因から利用者起因にシフト…CSAJの11大脅威

  7. やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

    やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

  8. 病院向け情報管理システム OpenClinic GA に複数の脆弱性

    病院向け情報管理システム OpenClinic GA に複数の脆弱性

  9. かくれ脱水から脱水状態に進行したときに起こるサインを解説(「教えて!「かくれ脱水」委員会)

    かくれ脱水から脱水状態に進行したときに起こるサインを解説(「教えて!「かくれ脱水」委員会)

  10. イトーヨーギョーのサーバにランサムウェア攻撃、現時点で情報流出は確認されず

    イトーヨーギョーのサーバにランサムウェア攻撃、現時点で情報流出は確認されず

ランキングをもっと見る