NISC、SolarWinds Orion Platform ソフトウェア利用システムへのサイバー攻撃を注意喚起 | ScanNetSecurity
2021.03.08(月)

NISC、SolarWinds Orion Platform ソフトウェア利用システムへのサイバー攻撃を注意喚起

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は12月16日、SolarWinds社製SolarWinds Orion Platformソフトウェアに関して同社の公開情報をもとに12月14日に政府機関等へ注意喚起を行った。一般社団法人JPCERTコーディネーションセンターでも同様の注意喚起を行っている。

脆弱性と脅威 脅威動向
内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は12月16日、SolarWinds社製SolarWinds Orion Platformソフトウェアに関して同社の公開情報をもとに12月14日に政府機関等へ注意喚起を行った。一般社団法人JPCERTコーディネーションセンターでも同様の注意喚起を行っている。

米国時間の12月13日に、SolarWinds社は、SolarWinds Orion Platformソフトウェアに関するセキュリティアドバイザリを公開、それによると、SolarWinds Orion Platformソフトウェアを利用するシステムへのサイバー攻撃を認識したとのこと。

影響を受けるバージョンは以下の通り。

Orion Platform 2019.4 HF 5
Orion Platform 2020.2
Orion Platform 2020.2 HF 1

なお、FireEyeやMicrosoft等も関連情報を公開しており、アカウント侵害を前提に、関連する機器・ソフトウェアのアカウント情報のリセットを含む対処が必要とのこと。その他、各国のセキュリティ関連組織も本件に関する緊急指令やアドバイザリを公開しており、今回の問題に対応するアップデートを完了するまで、当該製品の利用を一時的に停止することなどが推奨されている。

SolarWindsでは、対策としてOrion Platform のバージョン 2019.4 HF 6 や 2020.2.1 HF 1 へのアップデートを推奨している。

《ScanNetSecurity》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. JALマイレージバンク会員情報が漏えい、スイス SITA 社に高度に洗練された標的型攻撃

    JALマイレージバンク会員情報が漏えい、スイス SITA 社に高度に洗練された標的型攻撃

  2. 英学校で生徒に配布したノート PC、出荷段階でマルウェアがインストール

    英学校で生徒に配布したノート PC、出荷段階でマルウェアがインストール

  3. 標的型攻撃に使われたMicrosoft Exchange Server の脆弱性に対し修正プログラムを定例外で公開

    標的型攻撃に使われたMicrosoft Exchange Server の脆弱性に対し修正プログラムを定例外で公開

  4. 日経225企業の75%がドメインなりすまし未対策、ProofPoint 調査

    日経225企業の75%がドメインなりすまし未対策、ProofPoint 調査

  5. 公正取引委員会で情報流出、ファイルのグラフをクリックすると個人情報が閲覧可能に

    公正取引委員会で情報流出、ファイルのグラフをクリックすると個人情報が閲覧可能に

  6. ビジネス OSINT とは何か? 経営に正しく役立てる方法  ~  日本ハッカー協会 代表理事 杉浦氏講演

    ビジネス OSINT とは何か? 経営に正しく役立てる方法 ~ 日本ハッカー協会 代表理事 杉浦氏講演

  7. iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

    iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

  8. メール配信作業中のミスが原因で誤送信、1万名分の顧客リストが流出

    メール配信作業中のミスが原因で誤送信、1万名分の顧客リストが流出

  9. クラウド型顧客管理システム設定不備、コナミグループへ不正アクセス

    クラウド型顧客管理システム設定不備、コナミグループへ不正アクセス

  10. 2020年不正アクセスの実態を公表、犯行手口はフィッシングサイトからの入手が最多

    2020年不正アクセスの実態を公表、犯行手口はフィッシングサイトからの入手が最多

ランキングをもっと見る