LINEお問い合わせフォームに複数の不正ログイン試行を確認 | ScanNetSecurity
2021.03.07(日)

LINEお問い合わせフォームに複数の不正ログイン試行を確認

LINE株式会社は2月9日、お問い合わせフォームのログインページに対し、複数の不正ログイン試行を確認したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 5 枚 拡大写真
LINE株式会社は2月9日、お問い合わせフォームのログインページに対し、複数の不正ログイン試行を確認したと発表した。

同社では、LINEのお問い合わせフォーム(https://contact-cc.line.me)のログインページにて、円滑な問い合わせ対応のために一般的なHTMLフォーム内に問い合わせ元を特定できる情報(電話番号、ユーザー識別子、Emailアドレス(ログイン際のID))を埋め込む仕様としていたが、1月19日に内部の不正モニタリングにて特定サービスに対するログイン試行を検知、有効なIDとパスワードの組み合わせが検証された際に、この仕様により電話番号とユーザー識別子、Emailアドレス(ログインする際の既知情報)が取得されうる状態であったという。

同社によると2021年2月8日時点で、日本2,888件、台湾21件、タイ3件、他の国家・地域123件の合計3,035件の不正ログインが確認され、電話番号とユーザー識別子、Emailアドレスが取得されうる状態であった。

同社では1月21日と1月23日に、内部調査に基づき、実際に不正ログイン被害のあった利用者に対しパスワード初期化の対応を実施、1月22日には攻撃元と推測されるIPを遮断、1月23日にはログイン後顧客を識別するため埋め込まれる情報である電話番号、emailアドレス(ログイン際のID)を削除、2月8日 には二段階認証の適用を完了している。

同社では今後、LINEアカウントを利用してログイン可能なサービスのうち、二段階認証が適用されていないサービスを対象に見直しを行い、順次適用を行うとのこと。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 公正取引委員会で情報流出、ファイルのグラフをクリックすると個人情報が閲覧可能に

    公正取引委員会で情報流出、ファイルのグラフをクリックすると個人情報が閲覧可能に

  2. 標的型攻撃に使われたMicrosoft Exchange Server の脆弱性に対し修正プログラムを定例外で公開

    標的型攻撃に使われたMicrosoft Exchange Server の脆弱性に対し修正プログラムを定例外で公開

  3. 日経225企業の75%がドメインなりすまし未対策、ProofPoint 調査

    日経225企業の75%がドメインなりすまし未対策、ProofPoint 調査

  4. iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

    iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

  5. 英学校で生徒に配布したノート PC、出荷段階でマルウェアがインストール

    英学校で生徒に配布したノート PC、出荷段階でマルウェアがインストール

  6. クラウド型顧客管理システム設定不備、コナミグループへ不正アクセス

    クラウド型顧客管理システム設定不備、コナミグループへ不正アクセス

  7. 日本ハッカー協会杉浦氏が OSINT を解説、メールアドレスでここまで情報が入手可能

    日本ハッカー協会杉浦氏が OSINT を解説、メールアドレスでここまで情報が入手可能

  8. メール配信作業中のミスが原因で誤送信、1万名分の顧客リストが流出

    メール配信作業中のミスが原因で誤送信、1万名分の顧客リストが流出

  9. ビジネス OSINT とは何か? 経営に正しく役立てる方法  ~  日本ハッカー協会 代表理事 杉浦氏講演

    ビジネス OSINT とは何か? 経営に正しく役立てる方法 ~ 日本ハッカー協会 代表理事 杉浦氏講演

  10. VMware vCenter Serverに脆弱性、解説や影響を受けるシステムを探索する通信も確認

    VMware vCenter Serverに脆弱性、解説や影響を受けるシステムを探索する通信も確認

ランキングをもっと見る