2020年のウイルス届出件数、前年から7割増となる449件、「Emotet」感染被害は39件に | ScanNetSecurity
2021.05.16(日)

2020年のウイルス届出件数、前年から7割増となる449件、「Emotet」感染被害は39件に

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は2月17日、2020年年間(1月~12月)における「コンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況」を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
ウイルス届出の年別推移(2019 年以降)
ウイルス届出の年別推移(2019 年以降) 全 7 枚 拡大写真
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は2月17日、2020年年間(1月~12月)における「コンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況」を発表した。これは、同期間にIPAセキュリティセンターで受理した、コンピュータウイルスと不正アクセスに関する届出状況をまとめたもの。ウイルスの多様化などにより、2019年からはウイルスの検知名を元にした分類を取りやめ、届出1回につき1件として集計している。

2020年に寄せられたウイルス届出の年間件数は前年の259件から7割増となる449件で、このうちウイルス感染被害があった届出は62件であった。主なウイルス被害の内訳は「Emotet」感染被害39件、ランサムウェア感染被害11件となっている。月別でみると、9月がもっとも多く70件、被害件数も9月が19件で最多であった。2020年年間の検出数は979,439個で、前年の746,206個から約31.3%増加している。月別では、9月が突出して多かった。

ウイルス届出にみられた傾向として、2019年と同様に2020年は「Emotet」と呼ばれるウイルスの検知・感染被害の届出が年間を通じて寄せられ、特に9月は26件、10月は15件の届出があり、他の月に対して増加した。「Emotet」は2021年1月も検知・感染被害の届出が継続して寄せられていたが、欧州刑事警察機構(Europol)を中心とした活動により、攻撃基盤の停止に成功したと報道されている。

不正アクセス届出件数では、2020年の届出件数は前年の89件より98件多い187件で、このうち被害があったのは143件と全体の約76.5%を占めた。届出の種別では、「侵入行為」が280件、「なりすまし」が73件、「スパムメール」が27件となっている。被害内容別の届出件数について、「データの窃取、盗み見」が104件、「オンラインサービスの不正利用」が39件、「ファイルの書き換え」が39件となっている。被害があった届出のうち、原因が判明しているものは「設定不備」で32件、「古いバージョン、修正プログラム未導入など」が27件、「ログイン試行(パスワードリスト型攻撃)」が17件などとなっている。「不明」は27件あり、原因の特定に至らない事例も一定の割合を占めている。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 日本で最もセキュリティを大切にする大手通販が経験者採用中 ~ ジャパネットセキュリティ担当者座談会 5/18、6/8(火)19時開催

    日本で最もセキュリティを大切にする大手通販が経験者採用中 ~ ジャパネットセキュリティ担当者座談会 5/18、6/8(火)19時開催PR

  2. WordPressの脆弱性突きサイト改ざん、レンタルサーバがWPの最新バージョンに適応できず

    WordPressの脆弱性突きサイト改ざん、レンタルサーバがWPの最新バージョンに適応できず

  3. 銀行130社ドメインアカウントの漏えい調査、2008から2020年で累計7,978件

    銀行130社ドメインアカウントの漏えい調査、2008から2020年で累計7,978件

  4. Salesforce 複数サービスで障害発生、約 5 時間で全システム復旧

    Salesforce 複数サービスで障害発生、約 5 時間で全システム復旧

  5. セキュアイノベーション、エンジニア育成にGSX提供「セキュリスト(SecuriST)認定脆弱性診断士 公式トレーニング」活用

    セキュアイノベーション、エンジニア育成にGSX提供「セキュリスト(SecuriST)認定脆弱性診断士 公式トレーニング」活用

  6. 神奈川銀行で2018年5月から計39回の誤送信、業務提携先からの連絡で行内点検し発覚

    神奈川銀行で2018年5月から計39回の誤送信、業務提携先からの連絡で行内点検し発覚

  7. ランサムウェアの身代金支払いで反社への資金供与システムと化すサイバー保険産業

    ランサムウェアの身代金支払いで反社への資金供与システムと化すサイバー保険産業

  8. クラウド型システムの設定不備による茨木市公式アプリ「いばライフ」への不正アクセス、調査結果を発表

    クラウド型システムの設定不備による茨木市公式アプリ「いばライフ」への不正アクセス、調査結果を発表

  9. 誤送信で佛教大学研究者と研究課題の関係者、取引先の個人情報が流出

    誤送信で佛教大学研究者と研究課題の関係者、取引先の個人情報が流出

  10. 岡野バルブ製造のグループシステムへサイバー攻撃、ランサムウェアに感染

    岡野バルブ製造のグループシステムへサイバー攻撃、ランサムウェアに感染

ランキングをもっと見る