タニウムが SaaS 提供開始、中小企業市場ターゲットに | ScanNetSecurity
2021.03.08(月)

タニウムが SaaS 提供開始、中小企業市場ターゲットに

タニウム合同会社は2月18日、エンドポイント管理とセキュリティのプラットフォーム「Tanium as a Service」の国内提供開始とミッドマーケットへの参入を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
タニウム合同会社は2月18日、エンドポイント管理とセキュリティのプラットフォーム「Tanium as a Service」の国内提供開始とミッドマーケットへの参入を発表した。

「Tanium as a Service」では、サイバー衛生管理に必要な機能を提供する独自のクラウドサービスで、同社の特許取得済みアーキテクチャを最適化し、テレワーク環境でのデバイスを迅速かつ効率的に管理しセキュリティを確保する。同サービスは、テレワーク環境とオフィス環境を網羅し、ゼロインフラで契約後すぐに利用が可能となる。

また同サービスは、データ品質と配信速度を向上させる独自のアプローチである「Intelligent Edge」を搭載、企業や組織は追加のエージェントやインフラを導入することなく、あらゆる場所でエンドポイントのセキュリティを確保し、スピードと規模の管理を実現する。

「Tanium as a Service」は、パートナー企業より2月18日から提供開始する。なお、事前に環境の検証を希望するユーザ向けに無償のPOC(概念実証)環境である「Tanium Evaluation」を用意、通常14日間、最大100エンドポイント環境で導入効果の実感ができる。

これまで同社では、要求の厳しい大規模エンタープライズIT環境向けに構築された統合エンドポイント管理とセキュリティのプラットフォームを提供してきたが、「Tanium as a Service」では、これらの実績をもつ統合エンドポイント管理とセキュリティを、より多くの企業・組織に提供するものとして、同社にとって新たな市場として、エンドポイント数が1,000~1万の企業・組織であるミッドマーケットを開拓していくとのこと。

《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 公正取引委員会で情報流出、ファイルのグラフをクリックすると個人情報が閲覧可能に

    公正取引委員会で情報流出、ファイルのグラフをクリックすると個人情報が閲覧可能に

  2. 標的型攻撃に使われたMicrosoft Exchange Server の脆弱性に対し修正プログラムを定例外で公開

    標的型攻撃に使われたMicrosoft Exchange Server の脆弱性に対し修正プログラムを定例外で公開

  3. 日経225企業の75%がドメインなりすまし未対策、ProofPoint 調査

    日経225企業の75%がドメインなりすまし未対策、ProofPoint 調査

  4. iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

    iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

  5. 英学校で生徒に配布したノート PC、出荷段階でマルウェアがインストール

    英学校で生徒に配布したノート PC、出荷段階でマルウェアがインストール

  6. クラウド型顧客管理システム設定不備、コナミグループへ不正アクセス

    クラウド型顧客管理システム設定不備、コナミグループへ不正アクセス

  7. 日本ハッカー協会杉浦氏が OSINT を解説、メールアドレスでここまで情報が入手可能

    日本ハッカー協会杉浦氏が OSINT を解説、メールアドレスでここまで情報が入手可能

  8. メール配信作業中のミスが原因で誤送信、1万名分の顧客リストが流出

    メール配信作業中のミスが原因で誤送信、1万名分の顧客リストが流出

  9. ビジネス OSINT とは何か? 経営に正しく役立てる方法  ~  日本ハッカー協会 代表理事 杉浦氏講演

    ビジネス OSINT とは何か? 経営に正しく役立てる方法 ~ 日本ハッカー協会 代表理事 杉浦氏講演

  10. VMware vCenter Serverに脆弱性、解説や影響を受けるシステムを探索する通信も確認

    VMware vCenter Serverに脆弱性、解説や影響を受けるシステムを探索する通信も確認

ランキングをもっと見る