Pulse Connect Secure に任意コード実行の脆弱性、悪用した攻撃を確認済み | ScanNetSecurity
2021.06.20(日)

Pulse Connect Secure に任意コード実行の脆弱性、悪用した攻撃を確認済み

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は5月6日、Pulse Connect Secure における任意コード実行の脆弱性について「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。影響を受けるシステムは以下の通り。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は5月6日、Pulse Connect Secure における任意コード実行の脆弱性について「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。影響を受けるシステムは以下の通り。

Pulse Connect Secure (PCS) version 9.0R3 およびそれ以降

JVNによると、Pulse Connect Secure の持つ Windows File Share Browser および Pulse Secure Collaboration 機能に、認証を回避し任意のコード実行を可能とする脆弱性が発見され、遠隔の第三者によって細工されたリクエストを Pulse Connect Secure が受信することで、認証を回避され、当該機器上で任意のコードを実行される可能性がある。FireEye が公開したレポートによると、2021年4月21日時点で、本脆弱性や既知の脆弱性を悪用した攻撃がすでに確認されている。

JVNでは、開発者が本脆弱性を修正しリリースした「Pulse Connect Secure 9.1R11.4」にアップデートするか、回避策として「Workaround-2104.xml」ファイルを適用し、Windows File Share Browser と Pulse Secure Collaboration を無効化するよう注意を呼びかけている。

また開発者は、開発者は Pulse Secure Connect で不審なファイルの設置や改ざんが行われていないか確認するためのツール「Pulse Connect Secure Integrity Tool」を公開している。

《ScanNetSecurity》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. パラマウントベッド従業員の仮想デスクトップ環境がウイルス感染、過去のやりとりを装った不審メールを確認

    パラマウントベッド従業員の仮想デスクトップ環境がウイルス感染、過去のやりとりを装った不審メールを確認

  2. 富士通のプロジェクト情報共有ツールへの不正アクセス、総務省でも被害確認

    富士通のプロジェクト情報共有ツールへの不正アクセス、総務省でも被害確認

  3. スポーツクラブNASへランサムウェア攻撃、会員管理システムに障害発生

    スポーツクラブNASへランサムウェア攻撃、会員管理システムに障害発生

  4. 「糖質制限ドットコム」に不正アクセス、1年分の決済情報が流出

    「糖質制限ドットコム」に不正アクセス、1年分の決済情報が流出

  5. やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

    やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

  6. 病院向け情報管理システム OpenClinic GA に複数の脆弱性

    病院向け情報管理システム OpenClinic GA に複数の脆弱性

  7. 富士フイルムへのランサムウェア攻撃、外部への情報流出の痕跡は確認されず

    富士フイルムへのランサムウェア攻撃、外部への情報流出の痕跡は確認されず

  8. クラウドの脅威はプロバイダ起因から利用者起因にシフト…CSAJの11大脅威

    クラウドの脅威はプロバイダ起因から利用者起因にシフト…CSAJの11大脅威

  9. かくれ脱水から脱水状態に進行したときに起こるサインを解説(「教えて!「かくれ脱水」委員会)

    かくれ脱水から脱水状態に進行したときに起こるサインを解説(「教えて!「かくれ脱水」委員会)

  10. Apache HTTP Web Server 2.4 の複数の脆弱性へアップデート公開

    Apache HTTP Web Server 2.4 の複数の脆弱性へアップデート公開

ランキングをもっと見る