IPA「情報セキュリティ白書2021」公開、テレワークのセキュリティや米国政策なども紹介 | ScanNetSecurity
2022.11.28(月)

IPA「情報セキュリティ白書2021」公開、テレワークのセキュリティや米国政策なども紹介

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は7月30日、「情報セキュリティ白書2021」を同日から販売開始すると発表した。IPAでは、「情報セキュリティ白書」を2008年から毎年発行している。

調査・レポート・白書・ガイドライン 調査・ホワイトペーパー
 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は7月30日、「情報セキュリティ白書2021」を同日から販売開始すると発表した。IPAでは、「情報セキュリティ白書」を2008年から毎年発行している。

 同白書は、情報セキュリティに関する国内外の政策や脅威の動向、インシデント発生状況、被害実態などの他、その年ならではの象徴的なトピックを取り上げ掲載、国内外の官民の各種データ、資料を数多く引用しトピックを解説し、情報の網羅性と参照性の高さが特長となっている。

 同白書は2020年版の読者アンケートによると、所属組織の注意喚起や啓発用資料用、学習・研鑽用、業界動向把握、新人研修・従業員教育用、教材、人材育成プログラム用、セミナー・講演資料用、資格取得、試験対策などに活用されている。

 最新刊の「情報セキュリティ白書2021」のスペシャルトピックは、米国の政策(トランプ政権下のセキュリティ施策、バイデン政権の政策、SolarWinds、ColonialPipeline事案など)、テレワークの情報セキュリティ(インシデント事例、テレワーク環境を取り巻く脅威、課題、対策など)、NISTのセキュリティ関連活動(組織の沿革と体制、SP800,1800シリーズなど)。

 定価は印刷書籍版が2,000円(税別)、PDF版の閲覧にはzipファイルの解凍パスワードが必要で、アンケートに回答することで入手できる。

《ScanNetSecurity》

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 埼玉大学でドッペルゲンガードメイン「@gmai.com」に自動転送、約10ヶ月間続く

    埼玉大学でドッペルゲンガードメイン「@gmai.com」に自動転送、約10ヶ月間続く

  2. 「非対称パスワード認証」の実証に成功、パスワード漏えいの脅威を一掃

    「非対称パスワード認証」の実証に成功、パスワード漏えいの脅威を一掃

  3. 田沢医院にランサムウェア攻撃、電子カルテシステムが使用できない状況に

    田沢医院にランサムウェア攻撃、電子カルテシステムが使用できない状況に

  4. サイバー犯罪インテリジェンス企業 KELA社が日本で初めてワークショップ開催、アナリスト池上遥氏 登壇(CPEクレジット付与)

    サイバー犯罪インテリジェンス企業 KELA社が日本で初めてワークショップ開催、アナリスト池上遥氏 登壇(CPEクレジット付与)PR

  5. 契約に反し個人情報取扱事務を再委託、横浜市委託先でPC盗難被害

    契約に反し個人情報取扱事務を再委託、横浜市委託先でPC盗難被害

  6. 創価大学の教員のメールアカウントが迷惑メール送信の踏み台に、SMTP認証を悪用した攻撃と推測

    創価大学の教員のメールアカウントが迷惑メール送信の踏み台に、SMTP認証を悪用した攻撃と推測

  7. 庁内グループウェアへの不正ログインを繰り返した職員を戒告処分

    庁内グループウェアへの不正ログインを繰り返した職員を戒告処分

  8. 水道メータ取替業務 委託先社員、業務上知った個人情報もとにLINEで連絡

    水道メータ取替業務 委託先社員、業務上知った個人情報もとにLINEで連絡

  9. マイナポータルで確認し発覚、氏と生年月日同一 別人の個人番号等を住民記録システムに入力

    マイナポータルで確認し発覚、氏と生年月日同一 別人の個人番号等を住民記録システムに入力

  10. 8大詐欺ワードとは、VISAグローバル調査

    8大詐欺ワードとは、VISAグローバル調査

ランキングをもっと見る