7月のフィッシング報告状況、「.cn ドメイン」のフィッシングメールを多く確認 | ScanNetSecurity
2022.10.01(土)

7月のフィッシング報告状況、「.cn ドメイン」のフィッシングメールを多く確認

フィッシング対策協議会は8月4日、2021年7月の「フィッシング報告状況」を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
フィッシング報告件数
フィッシング報告件数 全 2 枚 拡大写真
 フィッシング対策協議会は8月4日、2021年7月の「フィッシング報告状況」を発表した。これによると、7月に同協議会へ寄せられたフィッシング報告件数(海外含む)は34,787件で、前月の30,560件から4,227件の増加となった。同月のフィッシングサイトのURL件数(重複無し)は、前月より1,714件増加の8,108件となっている。

 フィッシングに悪用されたブランド件数(海外含む)は、前月より8件減少しし74件。Amazon、三井住友カード、楽天、イオンカード、VISAの上位の5ブランドだけで報告数全体の約67.8%を占め、上位ブランドの多くが前月より報告数が増加傾向となっている。

 7月も差出人に正規のメールアドレス(ドメイン)を使用した「なりすまし」フィッシングメールが非常に多く配信され、現在、日本で普及している送信ドメイン認証技術SPFだけでは、これらのなりすましメールを判別できず、逆に正規メールとして誤認を招く可能性があるという。同協議会では、SPFに加えDMARC を導入し、正規の送信元から送られたか否かを、受信側で検証できる手段を提供することが重要としている。

 7月は「なりすまし」メール以外では、「.cn ドメイン」のメールアドレスから送信されるフィッシングメールが非常に多く確認されており、基本に立ち返り、送信元メールアドレスを確認する習慣が重要であると解説している。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. オンライン会議出席者の眼鏡から情報漏えい

    オンライン会議出席者の眼鏡から情報漏えい

  2. イエラエ CSIRT支援室 第 33 回 擬似マルウェアの実行から始まる、イエラエペネトレーションテストの実践的手法を大公開!

    イエラエ CSIRT支援室 第 33 回 擬似マルウェアの実行から始まる、イエラエペネトレーションテストの実践的手法を大公開!

  3. 協会けんぽの基幹システムに障害、健康保険証の発行や現金給付への影響も

    協会けんぽの基幹システムに障害、健康保険証の発行や現金給付への影響も

  4. JPCERT/CCによる「積極的サイバー防御(Active Cyber Defense)」論点整理

    JPCERT/CCによる「積極的サイバー防御(Active Cyber Defense)」論点整理

  5. デジタル庁「GビズID」のメール中継サーバに不正アクセス、約13,000件の迷惑メールを送信

    デジタル庁「GビズID」のメール中継サーバに不正アクセス、約13,000件の迷惑メールを送信

  6. 「ユニフォームタウン」への不正アクセスで63,565名分のカード情報が漏えい

    「ユニフォームタウン」への不正アクセスで63,565名分のカード情報が漏えい

  7. JR西日本グループの山陽SC開発サーバに不正アクセス、個人情報が流出した可能性を完全に否定できず

    JR西日本グループの山陽SC開発サーバに不正アクセス、個人情報が流出した可能性を完全に否定できず

  8. ガートナー、日本におけるセキュリティハイプサイクル2022 公開

    ガートナー、日本におけるセキュリティハイプサイクル2022 公開

  9. 次年度セキュリティ戦略立案中の方必聴、リスク環境の変化と手堅い対策の実装とは

    次年度セキュリティ戦略立案中の方必聴、リスク環境の変化と手堅い対策の実装とはPR

  10. サンソウシステムズが運用管理するサーバに不正アクセス、社内システムで障害が発生

    サンソウシステムズが運用管理するサーバに不正アクセス、社内システムで障害が発生

ランキングをもっと見る