理経、既存アプリに顔認証を追加し二要素認証実現 ~ 顔写真を用いたなりすましも防止 | ScanNetSecurity
2024.05.25(土)

理経、既存アプリに顔認証を追加し二要素認証実現 ~ 顔写真を用いたなりすましも防止

株式会社理経は9月3日、顔認証技術を利用し既存アプリケーションのユーザ認証を二要素で行うための、なりすまし防止に有効なプラットフォームの開発・販売の開始を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ユーザーに頭部の回転等を指示し写真等によるなりすましを防ぐ
ユーザーに頭部の回転等を指示し写真等によるなりすましを防ぐ 全 2 枚 拡大写真
 株式会社理経は9月3日、顔認証技術を利用し既存アプリケーションのユーザ認証を二要素で行うための、なりすまし防止に有効なプラットフォームの開発・販売の開始を発表した。

 本製品は、認証をひとつの要素のみで行っている既存アプリケーションに対し、顔認証技術を用いて二要素認証にするためのプラットフォームで、アプリケーションの起動時または認証操作時に、ユーザIDに加え顔認証を連携してユーザ認証を行う。

 ユーザID認証と顔認証を一貫して行うことで、ログイン時の煩雑さがなくセキュアな二要素認証を実現、顔認証に加え能動的に顔を左右に動かすことで生体認証を行うことも可能で、顔写真をかざすなどのなりすましを防止できる。

 本製品は、既存アプリケーションから利用するためのAPIを用意しており、アプリケーションがAPIに対応できない場合はログイン画面に自動入力で対応できるよう柔軟なインターフェースを備え、PCやタブレット、スマートフォン搭載の標準カメラで認証可能。またマスク装着の有無や認証を高度なアルゴリズムで判断することで、マスク装着時の誤認証を極力排除する。

 本製品の出荷開始は9月から、価格は400万円からとなっている。

 同社では今後、業務で検査アプリケーションを使用する際のユーザIDの使いまわしなど、不正利用を防止するためのソリューションとして機能強化を行うとのこと。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 「mixi」に不正ログイン、個人データが第三者に漏えいしたおそれ

    「mixi」に不正ログイン、個人データが第三者に漏えいしたおそれ

  2. 攻撃者のあの手この手、リアルな攻撃&リアルな現状を知る専門家が警鐘を鳴らす ~ JPAAWG 6th General Meeting レポート

    攻撃者のあの手この手、リアルな攻撃&リアルな現状を知る専門家が警鐘を鳴らす ~ JPAAWG 6th General Meeting レポート

  3. 今日もどこかで情報漏えい 第24回「2024年4月の情報漏えい」虎屋? ヨックモック? 千疋屋? ~「手土産」は個人情報

    今日もどこかで情報漏えい 第24回「2024年4月の情報漏えい」虎屋? ヨックモック? 千疋屋? ~「手土産」は個人情報

  4. 求人情報サイト「バイトル」へ不正ログイン、新たにアローズコーポレーションでも判明

    求人情報サイト「バイトル」へ不正ログイン、新たにアローズコーポレーションでも判明

  5. サポート詐欺で発覚 ~ 産婦人科医師が不適切な状態で患者データ保管

    サポート詐欺で発覚 ~ 産婦人科医師が不適切な状態で患者データ保管

  6. 2 時間後に気づいたサポート詐欺 ~ 大東文化大学 非常勤講師 PC に不正アクセス

    2 時間後に気づいたサポート詐欺 ~ 大東文化大学 非常勤講師 PC に不正アクセス

  7. スマートグラスで入試問題を撮影しスマートフォンに転送、早稲田の受験生を書類送検

    スマートグラスで入試問題を撮影しスマートフォンに転送、早稲田の受験生を書類送検

  8. 2023年にネットバンキングの不正送金が急増した理由

    2023年にネットバンキングの不正送金が急増した理由

  9. 「JFおさかなマルシェ ギョギョいち」に不正アクセス、カード情報が漏えいした可能性

    「JFおさかなマルシェ ギョギョいち」に不正アクセス、カード情報が漏えいした可能性

  10. Dropbox Sign に不正アクセス、 NICT のセキュリティ講習「実践サイバー演習 RPCI」受講者の個人情報流出

    Dropbox Sign に不正アクセス、 NICT のセキュリティ講習「実践サイバー演習 RPCI」受講者の個人情報流出

ランキングをもっと見る