デロイト調査、売上300億ドル以上の企業約75% セキュリティに1億ドル超支出 | ScanNetSecurity
2024.02.21(水)

デロイト調査、売上300億ドル以上の企業約75% セキュリティに1億ドル超支出

企業のサイバー防衛予算は増加する傾向にあり、売上高300億ドル以上の企業の約75%が今年サイバーセキュリティに1億ドル以上支出すると回答している。

調査・レポート・白書・ガイドライン 調査・ホワイトペーパー
 デロイト トーマツ グループは11月18日、「2021年サイバーの将来に関する調査」を発表した。

 同調査では6月6日から8月24日にかけて、年間売上高5億ドル以上の企業の600人近くの経営者を対象に自社のサイバーセキュリティについてオンライン調査を実施、回答者のうちCISOが約200人、CIOが100人、CEOが100人、CFOが100人、CMOが100人だった。

 同調査によると、デジタルトランスフォーメーションが加速する中で、調査対象となった企業経営者の69%が自社へのサイバー攻撃の大幅な増加を認め、回答者の72%が昨年だけで1~10件のサイバーインシデントと侵害があったと回答している。しかし企業経営者は、リスクの増大にもかかわらずデジタルトランスフォーメーションに大規模な投資を継続する計画で、回答した最高財務責任者(CFO)の94%が自社の財務システムやERPをクラウドへの移行を試みている。

 リモートワークやハイブリッドワークが一般的になる中でリスクが今までになく高まり、2020年を通し組織への脅威が高まったとする企業は半分以上にのぼっている。調査対象となった最高情報責任者(CIO)と最高情報セキュリティ責任者(CISO)が、「直面している最も大きな課題」として挙げた中で、他の回答を引き離し最多(41%)となったのは、「トランスフォーメーションと複雑さを増すハイブリッドなエコシステムの把握」であった。

 ハッカーの能力が高まる中で、企業のサイバー防衛予算は増加する傾向にあり、売上高300億ドル以上の企業の約75%が今年サイバーセキュリティに1億ドル以上支出すると回答している。

《高橋 潤哉》

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 「セキュリティ技術者の“思考”を覗く」~ SHIFT SECURITY、17種類のサイバー攻撃の解説と対策資料公開

    「セキュリティ技術者の“思考”を覗く」~ SHIFT SECURITY、17種類のサイバー攻撃の解説と対策資料公開PR

  2. スパム電子メールを作成するPegasusトロイの木馬

    スパム電子メールを作成するPegasusトロイの木馬

  3. 勤務時間外の上司のメールは懲役 ~ 豪 つながらない権利法案 性急な法制化

    勤務時間外の上司のメールは懲役 ~ 豪 つながらない権利法案 性急な法制化

  4. セキュリティ強化費用で利益大幅減、エムケイシステムへのランサムウェア攻撃

    セキュリティ強化費用で利益大幅減、エムケイシステムへのランサムウェア攻撃

  5. 中小企業で数千万円単位の被害も、JNSA「インシデント損害額調査レポート 第2版」公開

    中小企業で数千万円単位の被害も、JNSA「インシデント損害額調査レポート 第2版」公開

  6. 住友重機械工業のサーバに不正アクセス、「なりすましメール」への注意喚起も発表

    住友重機械工業のサーバに不正アクセス、「なりすましメール」への注意喚起も発表

  7. 求職サイト「ホワイトメーカーズ」が改ざん被害、個人情報が外部流出した可能性否定できず

    求職サイト「ホワイトメーカーズ」が改ざん被害、個人情報が外部流出した可能性否定できず

  8. ISC BIND に複数の脆弱性、バージョンアップを強く推奨

    ISC BIND に複数の脆弱性、バージョンアップを強く推奨

  9. 臨床検査事業を行うアイルにランサムウェア攻撃、検体検査の遅延が発生

    臨床検査事業を行うアイルにランサムウェア攻撃、検体検査の遅延が発生

  10. ほくやく・竹山ホールディングスにランサムウェア攻撃、コールセンターとメールシステムは制限付きで稼働

    ほくやく・竹山ホールディングスにランサムウェア攻撃、コールセンターとメールシステムは制限付きで稼働

ランキングをもっと見る