追悼:アセンブリ言語の発明者 キャスリーン・ブース氏 | ScanNetSecurity
2024.04.14(日)

追悼:アセンブリ言語の発明者 キャスリーン・ブース氏

訃報 英国コンピュータ科学黎明期のパイオニアとして知られるキャスリーン・ブース教授が逝去した。享年 100 歳であった。

国際 TheRegister
業務中のキャスリーン・ブース氏
業務中のキャスリーン・ブース氏 全 1 枚 拡大写真

 英国コンピュータ科学黎明期のパイオニアとして知られるキャスリーン・ブース教授が逝去した。享年 100 歳であった。

 キャスリーン・ヒルダ・ヴァレリー・ブリテン氏は、1922 年 7 月 9 日にイングランドのウスターシャーで誕生した。第 2 次世界大戦中、ロンドン大学ロイヤル・ホロウェイ校で学んだ彼女は、1944 年に数学の学士号を取得した。卒業後はファーンボローにある研究機関 Royal Aircraft Establishment で下級技師となった。その 2 年後、彼女はバークベック・カレッジへと移り、最初は研究助手として働き、その後に講師、さらには研究員となった。

 また、British Rubber Producers' Research Association( BPRRA )にも勤務し、そこで後に夫となる数学者兼物理学者のアンドリュー・ドナルド・ブース氏と出会い、ともに働いた。A・D・ブース氏は、バナール球の発明者で、X 線結晶構造解析を専門とする J・D・バナール教授との研究を経た後、X 線回折データを使って結晶構造の解明に取り組んでいたが、手計算がたいへん面倒であることに気づいた。そこで彼は、この計算の一部を自動化するアナログコンピュータを構築した。

 1946 年にキャスリーンとアンドリューは、バークベック・カレッジでごく初期のデジタルコンピュータである自動リレー計算機( ARC )の共同研究に取り組み、その過程で現在同カレッジのコンピュータサイエンスおよび情報システム部門となっている組織を設立した。


《The Register》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 山田製作所にランサムウェア攻撃、「LockBit」が展開され複数のサーバのデータが暗号化

    山田製作所にランサムウェア攻撃、「LockBit」が展開され複数のサーバのデータが暗号化

  2. マリンネットサイトに SQL インジェクション攻撃、メールアドレス流出

    マリンネットサイトに SQL インジェクション攻撃、メールアドレス流出

  3. プルーフポイント、マルウェア配布する YouTube チャンネル特定

    プルーフポイント、マルウェア配布する YouTube チャンネル特定

  4. レンズの受注や製造を停止 ~ HOYAグループで不正アクセスに起因する可能性が高いシステム障害

    レンズの受注や製造を停止 ~ HOYAグループで不正アクセスに起因する可能性が高いシステム障害

  5. お茶の水女子大学の研究室サーバに不正アクセス、攻撃の踏み台に

    お茶の水女子大学の研究室サーバに不正アクセス、攻撃の踏み台に

  6. デロイトと JFEスチール、サイバーセキュリティの合弁会社設立

    デロイトと JFEスチール、サイバーセキュリティの合弁会社設立

  7. 悪夢の検証 大英図書館ランサムウェア ~ 過ちが語る普遍的な物語

    悪夢の検証 大英図書館ランサムウェア ~ 過ちが語る普遍的な物語

  8. 北海道信用金庫の職員が業務関係書類を自宅に持ち帰り、定例の内部監査で発覚

    北海道信用金庫の職員が業務関係書類を自宅に持ち帰り、定例の内部監査で発覚

  9. 北九州市立大学の教員のパソコンに遠隔操作、ファイルを閲覧された可能性

    北九州市立大学の教員のパソコンに遠隔操作、ファイルを閲覧された可能性

  10. 日本信用情報機構、第三者に信用情報を開示 ~ 本人確認書類偽造によるなりすまし

    日本信用情報機構、第三者に信用情報を開示 ~ 本人確認書類偽造によるなりすまし

ランキングをもっと見る