SBT、EDRのマネージドサービスにCrowdStrike Falcon追加 | ScanNetSecurity
2024.07.24(水)

SBT、EDRのマネージドサービスにCrowdStrike Falcon追加

 SBテクノロジー株式会社は12月22日、マネージドセキュリティサービス「MSS for EDR」の新たな監視対象として統合セキュリティプラットフォーム「CrowdStrike Falcon」を追加し、同日からサービス提供を開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
「MSS for EDR(CrowdStrike Falcon)」で提供するサービス内容
「MSS for EDR(CrowdStrike Falcon)」で提供するサービス内容 全 1 枚 拡大写真

 SBテクノロジー株式会社は12月22日、マネージドセキュリティサービス「MSS for EDR」の新たな監視対象として統合セキュリティプラットフォーム「CrowdStrike Falcon」を追加し、同日からサービス提供を開始すると発表した。

 同サービスでは、同社のセキュリティ監視センター(SOC)にて、顧客環境の「CrowdStrike Falcon」を24時間365日体制でセキュリティアナリストが監視し、ログ分析と報告を実施、不審な挙動を検知した場合は、顧客に代わり対処する。

 その他同サービスでは、他のセキュリティ機器で検出したアラートや外部通報などの外部情報を基にした調査を同社のセキュリティアナリストが行う「オンデマンドリサーチ」や、一連の解析や隔離に加え同社のMSS契約監視対象で関連インシデントの分析と不正な活動の抑制作業を実施する「プロアクティブコントロール」を提供する。

《ScanNetSecurity》

この記事の写真

/

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. ランサムウェア集団が謝罪

    ランサムウェア集団が謝罪

  2. 富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

    富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

  3. 国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

    国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

  4. 開発元にソフトウェアの製造責任を負わせるのは合理的?

    開発元にソフトウェアの製造責任を負わせるのは合理的?

  5. イセトーへのランサムウェア攻撃で日本生命保険の個人情報が漏えい

    イセトーへのランサムウェア攻撃で日本生命保険の個人情報が漏えい

ランキングをもっと見る
PageTop