ISC BINDに複数の脆弱性 | ScanNetSecurity
2024.04.14(日)

ISC BINDに複数の脆弱性

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は1月26日、ISC BINDにおける複数の脆弱性について「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。影響を受けるシステムは以下の通り。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は1月26日、ISC BINDにおける複数の脆弱性について「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。影響を受けるシステムは以下の通り。

・CVE-2022-3094
BIND 9.16.0から9.16.36
BIND 9.18.0から9.18.10
BIND 9.19.0 から9.19.8
BIND 9.16.8-S1から9.16.36-S1(BIND Supported Preview Edition)

・CVE-2022-3488
BIND 9.11.4-S1から9.11.37-S1(BIND Supported Preview Edition)
BIND 9.16.8-S1から9.16.36-S1(BIND Supported Preview Edition)

・CVE-2022-3736、CVE-2022-3924
BIND 9.16.12から9.16.36
BIND 9.18.0から9.18.10
BIND 9.19.0 から9.19.8
BIND 9.16.12-S1から9.16.36-S1(BIND Supported Preview Edition)
※CVE-2022-3736はリゾルバでstale cacheとstale answersが有効、かつstale-answer-client-timeoutが正の整数に設定されている場合、CVE-2022-3924はリゾルバでstale-answer-enableが有効、かつstale-answer-client-timeoutが正の整数に設定されている場合

 ISC(Internet Systems Consortium)が提供するISC BINDには、次の影響を受ける可能性がある複数の脆弱性が存在する。

・大量のUPDATEメッセージにより、namedが使用可能なメモリが枯渇する(CVE-2022-3094)
→サーバにUPDATE要求を大量に送信することにより、そのサーバで使用可能なすべてのメモリを使い果たされる

・反復問い合わせへの繰り返し応答でECSオプションを処理するとnamedが予期せず終了する(CVE-2022-3488)
→悪意のあるネームサーバからCLIENT-SUBNET疑似オプションを持つ不正な応答を返答され、応答を処理することでnamedを終了させられる

・古いキャッシュから応答するように構成されたnamedが、RRSIGクエリの処理中に予期せず終了する(CVE-2022-3736)
→特定のクエリをリゾルバに送信されることで、namedをクラッシュさせられる

・古いキャッシュから応答するように構成されたnamedが、再帰問い合わせのソフトクォータによって予期せず終了する(CVE-2022-3924)
→特定のクエリをリゾルバに送信されることで、namedをクラッシュさせられる

 JVNでは、開発者が提供する以下のパッチバージョンにアップデートするか、ワークアラウンドを実施するよう呼びかけている。

・アップデート
CVE-2022-3094、CVE-2022-3736、CVE-2022-3924
BIND 9.16.37
BIND 9.18.11
BIND 9.19.9
BIND 9.16.37-S1(BIND Supported Preview Edition)

CVE-2022-3488
BIND 9.16.37-S1(BIND Supported Preview Edition)

・ワークアラウンド
CVE-2022-3736、CVE-2022-3924
stale-answer-client-timeoutを0またはoff/disabledに設定する

《ScanNetSecurity》

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 山田製作所にランサムウェア攻撃、「LockBit」が展開され複数のサーバのデータが暗号化

    山田製作所にランサムウェア攻撃、「LockBit」が展開され複数のサーバのデータが暗号化

  2. マリンネットサイトに SQL インジェクション攻撃、メールアドレス流出

    マリンネットサイトに SQL インジェクション攻撃、メールアドレス流出

  3. プルーフポイント、マルウェア配布する YouTube チャンネル特定

    プルーフポイント、マルウェア配布する YouTube チャンネル特定

  4. レンズの受注や製造を停止 ~ HOYAグループで不正アクセスに起因する可能性が高いシステム障害

    レンズの受注や製造を停止 ~ HOYAグループで不正アクセスに起因する可能性が高いシステム障害

  5. お茶の水女子大学の研究室サーバに不正アクセス、攻撃の踏み台に

    お茶の水女子大学の研究室サーバに不正アクセス、攻撃の踏み台に

  6. デロイトと JFEスチール、サイバーセキュリティの合弁会社設立

    デロイトと JFEスチール、サイバーセキュリティの合弁会社設立

  7. 悪夢の検証 大英図書館ランサムウェア ~ 過ちが語る普遍的な物語

    悪夢の検証 大英図書館ランサムウェア ~ 過ちが語る普遍的な物語

  8. 北海道信用金庫の職員が業務関係書類を自宅に持ち帰り、定例の内部監査で発覚

    北海道信用金庫の職員が業務関係書類を自宅に持ち帰り、定例の内部監査で発覚

  9. 北九州市立大学の教員のパソコンに遠隔操作、ファイルを閲覧された可能性

    北九州市立大学の教員のパソコンに遠隔操作、ファイルを閲覧された可能性

  10. 日本信用情報機構、第三者に信用情報を開示 ~ 本人確認書類偽造によるなりすまし

    日本信用情報機構、第三者に信用情報を開示 ~ 本人確認書類偽造によるなりすまし

ランキングをもっと見る