サイバー特別捜査隊をかたる不審メールに注意喚起 | ScanNetSecurity
2024.05.29(水)

サイバー特別捜査隊をかたる不審メールに注意喚起

 警察庁は6月9日、サイバー特別捜査隊をかたる不審メールについて注意喚起を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向

 警察庁は6月9日、サイバー特別捜査隊をかたる不審メールについて注意喚起を発表した。サイバー特別捜査隊とは、警察法で定義される重大サイバー事案に対処する国の捜査機関。

 同庁によると、不審メールの概要は下記の通り。

差出人名:サイバー特別捜査隊
送信元メールアドレス:nifty_NAP@npa.go.jp(偽装されたメールアドレス)
件名:【重要】サイバー特別捜査隊調査協調要請
添付ファイル:HTML ファイル

 不審メールに添付された HTML ファイルを開くと、「【重要】サイバー特別捜査隊調査協調要請」ページが表示され、「捜査確認」のボタンをクリックするとユーザーID やパスワードを入力する画面が表示される。

 同庁では、不審メールが届いた場合はリンクや添付ファイルを開封しないよう注意を呼びかけている。

《ScanNetSecurity》

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

    半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

  2. SPF / DKIM / DMARC はどう機能したか ~ フィッシングメール 596 件対象に分析

    SPF / DKIM / DMARC はどう機能したか ~ フィッシングメール 596 件対象に分析

  3. 社内用ポータルサイトを誤って公開、最大 約 42,400 名の顧客の個人情報がアクセス可能に

    社内用ポータルサイトを誤って公開、最大 約 42,400 名の顧客の個人情報がアクセス可能に

  4. 岡山県精神科医療センターにランサムウェア攻撃、電子カルテのシステムで不具合

    岡山県精神科医療センターにランサムウェア攻撃、電子カルテのシステムで不具合

  5. セキュリティ企業ホラ吹きCEOバカ一代記

    セキュリティ企業ホラ吹きCEOバカ一代記

  6. バッファロー製 Wi-Fi ルータ WSR-1166DHP シリーズのボット感染を確認、複雑なパスワードへの変更を呼びかけ

    バッファロー製 Wi-Fi ルータ WSR-1166DHP シリーズのボット感染を確認、複雑なパスワードへの変更を呼びかけ

  7. 「mixi」に不正ログイン、個人データが第三者に漏えいしたおそれ

    「mixi」に不正ログイン、個人データが第三者に漏えいしたおそれ

  8. 日経225企業 9割 DMARC導入も「quarantine」「reject」設定は 26.8%、ワンクリック購読解除利用率は 77.7%

    日経225企業 9割 DMARC導入も「quarantine」「reject」設定は 26.8%、ワンクリック購読解除利用率は 77.7%

  9. 北洲のサーバに不正アクセス、攻撃者が一部ファイルを開いた可能性を確認

    北洲のサーバに不正アクセス、攻撃者が一部ファイルを開いた可能性を確認

  10. 自工会と部工会のサイバーセキュリティガイドライン2.1版に対応した「コーポレートセキュリティメニュー」提供

    自工会と部工会のサイバーセキュリティガイドライン2.1版に対応した「コーポレートセキュリティメニュー」提供

ランキングをもっと見る