脅迫文書に身代金額の記載なし、ランサムウェア攻撃で名古屋港統一ターミナルシステムで障害 | ScanNetSecurity
2024.07.19(金)

脅迫文書に身代金額の記載なし、ランサムウェア攻撃で名古屋港統一ターミナルシステムで障害

 名古屋港運協会は7月26日、名古屋港統一ターミナルシステムの障害について、経緯報告を発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 3 枚 拡大写真

 名古屋港運協会は7月26日、名古屋港統一ターミナルシステムの障害について、経緯報告を発表した。

 名古屋港統一ターミナルシステム(Nagoya United Terminal System:NUTS)では7月4日午前6時30分頃から、ランサムウェアの感染による障害が発生していたが、ターミナル関係者が復旧に取り組んだ結果、7月6日午後6時15分に全ターミナルで作業を再開している。


《ScanNetSecurity》

この記事の写真

/

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. イセトーへのランサムウェア攻撃で日本生命保険の個人情報が漏えい

    イセトーへのランサムウェア攻撃で日本生命保険の個人情報が漏えい

  2. 新日本製薬にランサムウェア攻撃、全ての業務は通常通り稼働

    新日本製薬にランサムウェア攻撃、全ての業務は通常通り稼働

  3. 2021年の「不正アクセスによる情報流出の可能性に関するお詫びとお知らせ」を2024年9月30日に削除 ~ 丸紅パワー&インフラシステムズ

    2021年の「不正アクセスによる情報流出の可能性に関するお詫びとお知らせ」を2024年9月30日に削除 ~ 丸紅パワー&インフラシステムズ

  4. 国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

    国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

  5. イセトーへのランサムウェア攻撃で豊田市の推定 42 万人分の個人情報が漏えい、被害発生時は契約に基づき対応

    イセトーへのランサムウェア攻撃で豊田市の推定 42 万人分の個人情報が漏えい、被害発生時は契約に基づき対応

ランキングをもっと見る
PageTop