自治体がドロップキャッチに注意喚起 ~ 岡山県が使用していた五つのドメインを第三者が取得 | ScanNetSecurity
2024.05.29(水)

自治体がドロップキャッチに注意喚起 ~ 岡山県が使用していた五つのドメインを第三者が取得

 岡山県は10月17日、同県が使用していたドメインの第三者による再取得について発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向

 岡山県は10月17日、同県が使用していたドメインの第三者による再取得について発表した。

 同県では、過去に使用した5つのドメインについて、運用停止後にオークションサイトでの売買等で第三者に再取得されたことを把握しており、これらのドメインを使用したホームページは、同県とは無関係なため注意するよう呼びかけている。

 同県が過去に実施した事業名と再取得されたドメインは下記の通り。

・みんなで晴れの国 コロナ情報サイト(fight-okayama.jp)
・「もんげー部」サイト(8092fun.jp)
・留学促進バーチャルフェア OKAYAMA2021(ryugaku-sokushin.jp)
※10月17日現在、オークションサイトで入札受付中
・岡山県飲食店感染防止対策第三者認証事業(okayama-ninsho.jp)
・おかやまプレミアム付食事券発行事業(okayama-eat.com)

 なお同県では、これらのドメインへのリンクを掲載しているウェブサイトの管理者に削除を依頼している。

 更新されないドメインを第三者が取得することを「ドロップキャッチ」と呼び、過去の運営によるドメインパワーを悪用した行為などが行われる場合がある。一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンターによれば「ドロップキャッチは年々激しさを増してきており、 現在では高速な回線を用意したり登録を自動で試みるといった、 より高度な手法が用いられるようになってきてい」るという。

《高橋 潤哉》

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. 半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

    半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

  2. SPF / DKIM / DMARC はどう機能したか ~ フィッシングメール 596 件対象に分析

    SPF / DKIM / DMARC はどう機能したか ~ フィッシングメール 596 件対象に分析

  3. 社内用ポータルサイトを誤って公開、最大 約 42,400 名の顧客の個人情報がアクセス可能に

    社内用ポータルサイトを誤って公開、最大 約 42,400 名の顧客の個人情報がアクセス可能に

  4. 岡山県精神科医療センターにランサムウェア攻撃、電子カルテのシステムで不具合

    岡山県精神科医療センターにランサムウェア攻撃、電子カルテのシステムで不具合

  5. セキュリティ企業ホラ吹きCEOバカ一代記

    セキュリティ企業ホラ吹きCEOバカ一代記

  6. バッファロー製 Wi-Fi ルータ WSR-1166DHP シリーズのボット感染を確認、複雑なパスワードへの変更を呼びかけ

    バッファロー製 Wi-Fi ルータ WSR-1166DHP シリーズのボット感染を確認、複雑なパスワードへの変更を呼びかけ

  7. 「mixi」に不正ログイン、個人データが第三者に漏えいしたおそれ

    「mixi」に不正ログイン、個人データが第三者に漏えいしたおそれ

  8. 日経225企業 9割 DMARC導入も「quarantine」「reject」設定は 26.8%、ワンクリック購読解除利用率は 77.7%

    日経225企業 9割 DMARC導入も「quarantine」「reject」設定は 26.8%、ワンクリック購読解除利用率は 77.7%

  9. 北洲のサーバに不正アクセス、攻撃者が一部ファイルを開いた可能性を確認

    北洲のサーバに不正アクセス、攻撃者が一部ファイルを開いた可能性を確認

  10. 自工会と部工会のサイバーセキュリティガイドライン2.1版に対応した「コーポレートセキュリティメニュー」提供

    自工会と部工会のサイバーセキュリティガイドライン2.1版に対応した「コーポレートセキュリティメニュー」提供

ランキングをもっと見る