観光庁が注意喚起、Booking.com 利用者へのフィッシング被害 | ScanNetSecurity
2024.04.14(日)

観光庁が注意喚起、Booking.com 利用者へのフィッシング被害

 観光庁は11月15日、Booking.com利用者へのフィッシング被害に関する注意喚起を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
https://www.mlit.go.jp/kankocho/page06_000354.html
https://www.mlit.go.jp/kankocho/page06_000354.html 全 1 枚 拡大写真

 観光庁は11月15日、Booking.com利用者へのフィッシング被害に関する注意喚起を発表した。

 Booking.com 社が提供し、宿泊施設で管理する宿泊予約情報管理システムに不正アクセスがあり、一部の旅行者に対しクレジットカードなどの情報を求めるフィッシングサイトへ誘導するメッセージが配信される事案が発生していると、同庁に報告があったとのこと。

 Booking.com 社でも9月19日に、予約のあった顧客に対しメールやチャットでクレジットカード情報を求めたり、支払いを要求したりすることはないと公表している。

 これまでに株式会社ホテルグランヴィア大阪が6月2日に、株式会社共立メンテナンスは6月9日に、株式会社コスモスホテルマネジメントは6月12日に、竹川観光株式会社では8月15日に、Booking.com 管理システムへの不正アクセスについて公表している。

《ScanNetSecurity》

この記事の写真

/

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. マリンネットサイトに SQL インジェクション攻撃、メールアドレス流出

    マリンネットサイトに SQL インジェクション攻撃、メールアドレス流出

  2. 山田製作所にランサムウェア攻撃、「LockBit」が展開され複数のサーバのデータが暗号化

    山田製作所にランサムウェア攻撃、「LockBit」が展開され複数のサーバのデータが暗号化

  3. クラウド労務管理「WelcomeHR」の個人データが閲覧可能な状態に、154,650 人分のダウンロード確認

    クラウド労務管理「WelcomeHR」の個人データが閲覧可能な状態に、154,650 人分のダウンロード確認

  4. エムケイシステムへのランサムウェア攻撃、大手 IT 系メディアの記事誤りに抹消要求

    エムケイシステムへのランサムウェア攻撃、大手 IT 系メディアの記事誤りに抹消要求

  5. お茶の水女子大学の研究室サーバに不正アクセス、攻撃の踏み台に

    お茶の水女子大学の研究室サーバに不正アクセス、攻撃の踏み台に

ランキングをもっと見る
PageTop