50代係長 住民情報システム用い知人女性の住所収集、停職6月の懲戒処分 | ScanNetSecurity
2024.06.14(金)

50代係長 住民情報システム用い知人女性の住所収集、停職6月の懲戒処分

 宮城県仙台市は12月1日、職員の懲戒処分について発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 3 枚 拡大写真

 宮城県仙台市は12月1日、職員の懲戒処分について発表した。

 これは2022年8月6日に、市民局区政部で住民基本台帳事務を担当していた職員(総務局人材育成部、係長職、50歳代)が業務とは関係ない私的な理由で住民情報システムを用い、知人女性の住所情報を不正に収集し、2021年6月30日に総務局人事課から、当該女性に対するつきまとい行為等に係る指導を受けていたにもかかわらず、不正に収集した住所情報を用いて複数回にわたり当該女性宅付近を訪れたほか、2023年3月12日に当該女性宅前で待ち伏せ行為を行ったことに対し、12月1日付で停職6月の懲戒処分を行ったというもの。上司1名にも同日、訓告の処分を行っている。


《ScanNetSecurity》

この記事の写真

/

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. 役に立たないメール訓練 もうやめません? by Googleセキュリティ担当者

    役に立たないメール訓練 もうやめません? by Googleセキュリティ担当者

  2. KADOKAWA グループ複数サイトで障害、サイバー攻撃の可能性

    KADOKAWA グループ複数サイトで障害、サイバー攻撃の可能性

  3. 海外サイトに顧客情報が掲載 ~「転職支援サイト」 に不正アクセス

    海外サイトに顧客情報が掲載 ~「転職支援サイト」 に不正アクセス

  4. 九州電力グループのキューヘンにランサムウェア攻撃、社内情報の一部が暗号化被害

    九州電力グループのキューヘンにランサムウェア攻撃、社内情報の一部が暗号化被害

  5. IPA、中小企業向けの内部不正防止対策の報告書公開

    IPA、中小企業向けの内部不正防止対策の報告書公開

ランキングをもっと見る
PageTop