広島県立高等学校職員の私用パソコンへ遠隔操作、生徒の個人情報流出の可能性 | ScanNetSecurity
2024.06.26(水)

広島県立高等学校職員の私用パソコンへ遠隔操作、生徒の個人情報流出の可能性

 広島県は3月1日、県立高等学校職員の私用パソコンからの個人情報流出の可能性について発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 2 枚 拡大写真

 広島県は3月1日、県立高等学校職員の私用パソコンからの個人情報流出の可能性について発表した。

 これは2月24日に、県立広島工業高等学校に勤務する職員が自宅で私用パソコンを使用していた際に、警告音とともにコンピュータウイルスへの感染を示す警告画面と連絡先が表示されたため、当該職員は不正アクセスであることを疑わず、表示された連絡先へ電話をかけ、相手の指示に従ってパソコンを操作したところ、パソコンへの不正な遠隔操作が行われたというもの。当該職員の私用パソコンには、所属校の生徒に係る個人情報は無かったが、過去に勤務した3校の学校で担当した生徒の個人情報が含まれており、パソコンの不正な遠隔操作で当該データが流出した可能性がある。


《ScanNetSecurity》

この記事の写真

/

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. 発覚後も繰り返し攻撃が行われる ~ KADOKAWA グループへのランサムウェア攻撃

    発覚後も繰り返し攻撃が行われる ~ KADOKAWA グループへのランサムウェア攻撃

  2. 「プレミアムバンダイ」会員情報漏えいの可能性、委託先従業員が私物ハードディスクを使用

    「プレミアムバンダイ」会員情報漏えいの可能性、委託先従業員が私物ハードディスクを使用

  3. ID リンク・マネージャーおよびFUJITSU Software TIME CREATORに複数の脆弱性

    ID リンク・マネージャーおよびFUJITSU Software TIME CREATORに複数の脆弱性

  4. KADOKAWAグループでスクール運営を行うバンタンのサーバに不正アクセス、CMSの脆弱性を悪用し侵入

    KADOKAWAグループでスクール運営を行うバンタンのサーバに不正アクセス、CMSの脆弱性を悪用し侵入

  5. 今日もどこかで情報漏えい 第25回「2024年5月の情報漏えい」“いたずらに混乱” しているのは誰

    今日もどこかで情報漏えい 第25回「2024年5月の情報漏えい」“いたずらに混乱” しているのは誰

ランキングをもっと見る
PageTop