2023 年度は外部公開アセットの脆弱性悪用が最多 ~ マクニカ「標的型攻撃の実態と対策アプローチ 第8版」 | ScanNetSecurity
2024.07.20(土)

2023 年度は外部公開アセットの脆弱性悪用が最多 ~ マクニカ「標的型攻撃の実態と対策アプローチ 第8版」

 株式会社マクニカは6月27日、調査レポート「標的型攻撃の実態と対策アプローチ 第8版」を公開した。

調査・レポート・白書・ガイドライン 調査・ホワイトペーパー
アタックサーフェースの割合(2023年度)
アタックサーフェースの割合(2023年度) 全 2 枚 拡大写真

 株式会社マクニカは6月27日、調査レポート「標的型攻撃の実態と対策アプローチ 第8版」を公開した。

 同レポートは、2023年度(2023年4月から2024年3月)に観測された日本の組織から個人情報、政策関連情報、製造データなどの機密情報を窃取しようとする攻撃キャンペーンの分析結果について、注意喚起を目的として記載したもの。

 同レポートによると、2023年度は昨年度までと比較して、Barracuda ESGのCVE-2023-2868脆弱性攻撃から組織に侵入したUNC4841攻撃グループ、RatelS遠隔操作マルウェアでインフラ関連組織を標的に攻撃を行ったTELEBOYi攻撃グループ、BLOODALCHEMY遠隔操作マルウェアで製造関連組織を標的に攻撃を行ったVapor Panda攻撃グループ、Ivanti社のCVE-2023-46805/CVE-2024-21887脆弱性を攻撃して学術系並びに製造業種で攻撃が観測されたUNC5221攻撃グループなど、新たな攻撃グループが多く出現している。

 標的業種については、攻撃者の目標に変化が見られ、分野が多岐に渡る製造業などが新しい標的として攻撃されるような事態が起こり始め、特に東アジア地域に海外拠点を持つ製造業ではUSBやWi-Fiアクセスポイントの悪用による物理的な侵入が顕著に増加している。

 標的型攻撃の侵入パターンとしては、これまではスピアフィッシングが最も多く観測されていたが、2023年度は外部公開アセットの脆弱性を攻撃して侵入するケースが最多となった。製造関連組織の海外拠点などでは組織の近傍でWi-Fiアクセスポイントを悪用して組織に侵入する、USBデバイスからマルウェアに感染するといった手法も観測されている。

「標的型攻撃の実態と対策アプローチ」目次
・はじめに
・攻撃のタイムラインと攻撃が観測された業種
・攻撃の概要
2023年4月
2023年5月
2023年6月
2023年7月
2023年10月
2024年1月
2024年3月
・新しいTTPsやRATなど
Mustang Panda(PUBLOAD)
 攻撃キャンペーンの概要
 Mustang Panda攻撃キャンペーンの特徴と検出
Mustang Panda(東南アジア圏で観測されたPlugDiskによる攻撃)
 攻撃キャンペーンの概要
 感染フロー
 PlugDisk詳細解析・PlugDisk USBを介した感染の考察
Ivanti製品の脆弱性を悪用した攻撃キャンペーン
 攻撃キャンペーンの概要
 国内で観測された悪用事例・パッシブバックドア ProxDoor
・攻撃グループごとのTTPs(戦術、技術、手順)
・TTPsより考察する脅威の検出と緩和策
 マルウェアの配送・攻撃について
 インストールされるRAT、遠隔操作(C2サーバについて)
・検知のインディケータ

《高橋 潤哉》

この記事の写真

/

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. イセトーへのランサムウェア攻撃で日本生命保険の個人情報が漏えい

    イセトーへのランサムウェア攻撃で日本生命保険の個人情報が漏えい

  2. ハッカーの OSINT 活用法 ~ 日本ハッカー協会 杉浦氏講演

    ハッカーの OSINT 活用法 ~ 日本ハッカー協会 杉浦氏講演

  3. 新日本製薬にランサムウェア攻撃、全ての業務は通常通り稼働

    新日本製薬にランサムウェア攻撃、全ての業務は通常通り稼働

  4. 2021年の「不正アクセスによる情報流出の可能性に関するお詫びとお知らせ」を2024年9月30日に削除 ~ 丸紅パワー&インフラシステムズ

    2021年の「不正アクセスによる情報流出の可能性に関するお詫びとお知らせ」を2024年9月30日に削除 ~ 丸紅パワー&インフラシステムズ

  5. イセトーへのランサムウェア攻撃で東海信金ビジネスの個人情報が漏えい

    イセトーへのランサムウェア攻撃で東海信金ビジネスの個人情報が漏えい

ランキングをもっと見る
PageTop