国内のクラウド導入の障壁は「インフラとデータのセキュリティ」が6割(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2022.06.26(日)

国内のクラウド導入の障壁は「インフラとデータのセキュリティ」が6割(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロ株式会社は7月29日、企業や団体に勤めるITシステム導入の意思決定権限を持つ従業員1,200名(日本、アメリカ、イギリス、ドイツ、カナダ、インド各200名)を対象として2011年5月に実施した「クラウドセキュリティに関するグローバル調査」の結果を発表し

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
トレンドマイクロ株式会社は7月29日、企業や団体に勤めるITシステム導入の意思決定権限を持つ従業員1,200名(日本、アメリカ、イギリス、ドイツ、カナダ、インド各200名)を対象として2011年5月に実施した「クラウドセキュリティに関するグローバル調査」の結果を発表した。国内ユーザの半数以上がクラウドサービスを試験的導入中または検討中と回答しており、国内でもクラウドの浸透が進むことが予測される一方で、クラウドの導入に「インフラとデータのセキュリティ」を障壁と考えているユーザが最も多いことが明らかになっている。

調査結果の概要によると、クラウドの導入状況では、国内で2割強がクラウド導入済み、5割以上がクラウドを試験的導入・検討中であることと、サーバ仮想化を運用しているユーザと未導入のユーザでクラウドの導入率に顕著な差が出ていることがわかった。またクラウドの課題では、クラウド導入の障壁は「インフラとデータのセキュリティ」が国内で6割に上ること、過去12か月以内にクラウド利用上のセキュリティ問題を4割以上が経験していることが明らかになった。さらに、VDIの導入目的最多は「セキュリティの改善」、より厳しい対策を求めるユーザも半数以上いることや、サーバ仮想化運用中ユーザの導入目的は「セキュリティの改善」が国内で約6割、計画中ユーザではクラウド展開も5割以上いることも明らかになっている。
(吉澤亨史)

http://jp.trendmicro.com/jp/about/news/pr/article/20110719064136.html

《ScanNetSecurity》

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. コンサル契約にもとづき提供した秘密情報が漏えい

    コンサル契約にもとづき提供した秘密情報が漏えい

  2. Microsoft Edge の IE モードについて公式が解説

    Microsoft Edge の IE モードについて公式が解説

  3. ランサムウェアLockbit 2.0によるサイバー攻撃、電子カルテや院内LANシステムが使用不能に

    ランサムウェアLockbit 2.0によるサイバー攻撃、電子カルテや院内LANシステムが使用不能に

  4. 約12,200件の個人情報などを記録したUSBメモリを紛失(尼崎市シルバー人材センター)

    約12,200件の個人情報などを記録したUSBメモリを紛失(尼崎市シルバー人材センター)

  5. 2022年第1四半期のランサムウェア動向

    2022年第1四半期のランサムウェア動向

  6. SharePoint 及び OneDrive上のファイルを身代金請求できるMicrosoft Office 365の機能 ~ Proofpointが発見

    SharePoint 及び OneDrive上のファイルを身代金請求できるMicrosoft Office 365の機能 ~ Proofpointが発見

  7. マルウェアや標的型攻撃への対策状況を明らかに、ガートナー調査

    マルウェアや標的型攻撃への対策状況を明らかに、ガートナー調査

  8. 「ワールドソフト」で「VirusTotal」有償版を販売開始

    「ワールドソフト」で「VirusTotal」有償版を販売開始

  9. 官公庁や市町村の「偽サイト騒動」でJava Scriptコードの挿入による広告表示も、トレンドマイクロ調査

    官公庁や市町村の「偽サイト騒動」でJava Scriptコードの挿入による広告表示も、トレンドマイクロ調査

  10. 日本の組織が最も懸念するサイバー脅威はフィッシング詐欺とソーシャルエンジニアリング、トレンドマイクロ調査

    日本の組織が最も懸念するサイバー脅威はフィッシング詐欺とソーシャルエンジニアリング、トレンドマイクロ調査

ランキングをもっと見る