協業によりIT資産管理ツールが情報資産の識別・整理ソリューションと連携(NRIセキュア) | ScanNetSecurity
2022.05.17(火)

協業によりIT資産管理ツールが情報資産の識別・整理ソリューションと連携(NRIセキュア)

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(NRIセキュア)は8月24日、エムオーテックス株式会社(MOTEX)と監査証跡ソリューションで協業すると発表した。本協業によりMOTEXは、NRIセキュアの情報資産を識別・整理するソリューション「SecureCube / Labeling」に連携したIT資産

製品・サービス・業界動向 業界動向
NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(NRIセキュア)は8月24日、エムオーテックス株式会社(MOTEX)と監査証跡ソリューションで協業すると発表した。本協業によりMOTEXは、NRIセキュアの情報資産を識別・整理するソリューション「SecureCube / Labeling」に連携したIT資産管理ツール「LanScope Cat6」を、10月3日に発売する。

両製品を導入することにより、電子ファイルを機密度別に把握し、操作履歴などを管理することができ、重要情報の漏えい防止の対策を強化できる。具体的には、NRIセキュアが提供するSecureCube / Labelingの機能で、「極秘」「社外秘」など情報の機密度を付与した電子ファイルをクライアントPCで操作した場合に、操作履歴をLanScope Cat6で監視、ログとして管理する。これにより、機密文書や重要な電子ファイルが正しく取り扱われているか記録を残すことが可能になる。万一、情報の持ち出しや紛失が発生した際には、LanScope Cat6のファイルトレース機能で、Webブラウザから3回のクリック操作で持ち出し経路を特定できる。
(吉澤亨史)

http://www.nri-secure.co.jp/news/2011/0824.html

《ScanNetSecurity》

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. しまむらのネットワークに不正アクセス、犯罪者集団の増長を招くことを考慮し情報開示は最低限に

    しまむらのネットワークに不正アクセス、犯罪者集団の増長を招くことを考慮し情報開示は最低限に

  2. TwoFive メールセキュリティ Blog 第5回「短縮URLとダイナミックDNSは使わない方がいい理由」

    TwoFive メールセキュリティ Blog 第5回「短縮URLとダイナミックDNSは使わない方がいい理由」

  3. 患者情報管理システムがアクセス可能な状態に、外部からの指摘で発覚

    患者情報管理システムがアクセス可能な状態に、外部からの指摘で発覚

  4. Emotet感染でメールアドレス95,393件が流出の可能性、新たにドメインも取得

    Emotet感染でメールアドレス95,393件が流出の可能性、新たにドメインも取得

  5. ダイカスト製品を製造するリョービの海外グループ会社にランサムウェア攻撃、システム障害発生

    ダイカスト製品を製造するリョービの海外グループ会社にランサムウェア攻撃、システム障害発生

  6. 世界最大の歯科医師会もセキュリティは頭痛のタネ ~ ランサムウェアの脅威と Gmail の問い合わせ先

    世界最大の歯科医師会もセキュリティは頭痛のタネ ~ ランサムウェアの脅威と Gmail の問い合わせ先

  7. OpenSSLに複数の脆弱性

    OpenSSLに複数の脆弱性

  8. 警視庁が「ランサムウェア」の脅威と対策について解説、被害件数は一昨年の4倍増に

    警視庁が「ランサムウェア」の脅威と対策について解説、被害件数は一昨年の4倍増に

  9. さくらインターネットを騙るフィッシングメールに注意喚起

    さくらインターネットを騙るフィッシングメールに注意喚起

  10. トレンドマイクロ「国内標的型攻撃分析レポート2022年版」公開、4つのグループの特徴を整理

    トレンドマイクロ「国内標的型攻撃分析レポート2022年版」公開、4つのグループの特徴を整理

ランキングをもっと見る