Winny開発者の金子勇氏が急逝、42歳 | ScanNetSecurity
2021.04.22(木)

Winny開発者の金子勇氏が急逝、42歳

 P2Pソフト「Winny」を開発した金子勇氏が7月6日に死去した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
金子勇氏(Skeed社公式サイト・リーダー紹介ページより)
金子勇氏(Skeed社公式サイト・リーダー紹介ページより) 全 5 枚 拡大写真
 P2Pソフト「Winny」を開発した金子勇氏が7月6日に死去した。

 午後6時55分に急性心筋梗塞にて死去したもので、立命館大学教授の上原哲太郎氏、Winny裁判の担当弁護士である壇俊光氏らが明らかにした。享年42歳。

 金子氏は1970年7月生まれ・栃木県出身。 茨城大学院、日本原子力研究所、エクス・ツールスを経て、東京大学大学院に勤めるとともに「Winny」を開発。2002年に公開した。その後、2004年5月に著作権侵害行為を幇助した共犯の容疑を問われ逮捕された。2006年に京都地裁は有罪判決を下したが、2009年に大阪高裁が逆転無罪判決を下すとともに検察が上告。2011年12月に最高裁が検察側の上告を棄却し、無罪が確定した。

 現在金子氏がファウンダー兼CINO(Chief Innovation Officer)を務めるSkeedによれば、通夜告別式は近親者のみにて執り行われる予定。

「Winny」開発者の金子勇氏が急逝……42歳

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 偽の reCAPTCHA認証がポップアップする改ざん被害発生、2020年も同様事例

    偽の reCAPTCHA認証がポップアップする改ざん被害発生、2020年も同様事例

  2. 10年前札幌医科大学で紛失したUSBメモリ、第三者からのデータ送付で事件が明るみに

    10年前札幌医科大学で紛失したUSBメモリ、第三者からのデータ送付で事件が明るみに

  3. IPAが「サイバーセキュリティお助け隊サービス」として5つのサービスを登録し認定

    IPAが「サイバーセキュリティお助け隊サービス」として5つのサービスを登録し認定

  4. Android版「COCOA」の不具合、4ヶ月間にわたり見逃されたことを問題視

    Android版「COCOA」の不具合、4ヶ月間にわたり見逃されたことを問題視

  5. 霞が関のPPAP廃止会見受け、「GUARDIANWALL Mailセキュリティ・クラウド」に機能拡張と新サービスを開発

    霞が関のPPAP廃止会見受け、「GUARDIANWALL Mailセキュリティ・クラウド」に機能拡張と新サービスを開発

  6. 横浜銀行で同一の広告発注先に対し2回にわたるメール誤送信、行内点検で発覚し即日対応

    横浜銀行で同一の広告発注先に対し2回にわたるメール誤送信、行内点検で発覚し即日対応

  7. JPRS、Windows DNSサーバの脆弱性情報を公開

    JPRS、Windows DNSサーバの脆弱性情報を公開

  8. ここが変だよ日本のセキュリティ 第 44 回 「どこも身近な問題ってどうよ ?! まだだ! まだ終わらんよ!!」(後編)

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第 44 回 「どこも身近な問題ってどうよ ?! まだだ! まだ終わらんよ!!」(後編)

  9. ランドブレインへのサイバー攻撃、墨田区貸与情報も流出可能性

    ランドブレインへのサイバー攻撃、墨田区貸与情報も流出可能性

  10. ラック連結業績予想修正し特別損失計上、日本貿易保険元顧問の不適切行為に関与せずも協議長期化のため

    ラック連結業績予想修正し特別損失計上、日本貿易保険元顧問の不適切行為に関与せずも協議長期化のため

ランキングをもっと見る