EU の取締まりは、間抜けなサイバー犯罪者への刑事罰を強化する~つまり、ブリュッセルの管轄区で仕事を続けるぐらい間抜けな犯罪者に対して(The Register) | ScanNetSecurity
2021.10.18(月)

EU の取締まりは、間抜けなサイバー犯罪者への刑事罰を強化する~つまり、ブリュッセルの管轄区で仕事を続けるぐらい間抜けな犯罪者に対して(The Register)

「残念ながら、ほとんどの場合、逮捕される人々はボットマスターでも首謀者でもなくマネーミュールであり、彼らは犯罪に関わっていることにさえ気づいていない場合もある」

国際 TheRegister
サイバー攻撃(とりわけ国家基盤を脅かす攻撃、あるいは機密データの窃盗を目的としたものと考えられる攻撃)に対し、EU 全体で刑事罰を強化することに欧州議会が同意した。

その新しい指令は、いかなる情報システムへの侵入の試みにも、国家最大の刑(2 年以上の懲役)を課すことを 28 の加盟国に強制している。ただし、その攻撃が発電所や交通機関、政府ネットワークなど重要インフラのネットワークに対するものであった場合、その最高刑は 5 年以上の懲役(ほとんどの加盟国が現時点で施行している刑よりも重い)に跳ね上がる…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子

《ScanNetSecurity》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 日立グループが2021年12月にPPAP廃止、12/13以降送受信不可

    日立グループが2021年12月にPPAP廃止、12/13以降送受信不可

  2. モンハンよりも面白い? 攻撃者目線を学ぶ「イエラエアカデミー」

    モンハンよりも面白い? 攻撃者目線を学ぶ「イエラエアカデミー」PR

  3. NFT マーケットプレイス「nanakusa」に不正アクセス、一部NFTが外部流出

    NFT マーケットプレイス「nanakusa」に不正アクセス、一部NFTが外部流出

  4. オリンパス、EMEA地域に続き今度は米州で不正アクセス被害

    オリンパス、EMEA地域に続き今度は米州で不正アクセス被害

  5. NISC「ランサムウェア特設ページ STOP! RANSOMWARE」を開設、関係機関での取組と紹介

    NISC「ランサムウェア特設ページ STOP! RANSOMWARE」を開設、関係機関での取組と紹介

  6. マイクロソフトが10月のセキュリティ情報公開、悪用の事実確認済の「Windows(Win32k)の脆弱性」含む

    マイクロソフトが10月のセキュリティ情報公開、悪用の事実確認済の「Windows(Win32k)の脆弱性」含む

  7. ちばシティポイント業務委託先の管理サーバに不正アクセス、利用者の情報が流出の可能性

    ちばシティポイント業務委託先の管理サーバに不正アクセス、利用者の情報が流出の可能性

  8. PureSecureが不適切なパスワード保存テクニックを露呈

    PureSecureが不適切なパスワード保存テクニックを露呈

  9. ラック連結業績予想修正し特別損失計上、日本貿易保険元顧問の不適切行為に関与せずも協議長期化のため

    ラック連結業績予想修正し特別損失計上、日本貿易保険元顧問の不適切行為に関与せずも協議長期化のため

  10. 非対面時代にハイブリッド開催を行う意味 ~ サイバーセキュリティ会議「CODE BLUE 2021」来週開催 会場参加チケット本日迄

    非対面時代にハイブリッド開催を行う意味 ~ サイバーセキュリティ会議「CODE BLUE 2021」来週開催 会場参加チケット本日迄

ランキングをもっと見る