次期「ZBOT」と言われるオンライン銀行詐欺ツール「KINS」の亜種を確認(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2024.05.29(水)

次期「ZBOT」と言われるオンライン銀行詐欺ツール「KINS」の亜種を確認(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、同社TrendLabsが「TSPY_ZBOT.THY」および「TSPY_ZBOT.THX」として検出された「KINS」の複数の亜種を入手したと同社ブログで発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
「TSPY_ZBOT.THX」の情報ページ(トレンドマイクロ)
「TSPY_ZBOT.THX」の情報ページ(トレンドマイクロ) 全 1 枚 拡大写真
トレンドマイクロ株式会社は8月23日、同社TrendLabsが「TSPY_ZBOT.THY」および「TSPY_ZBOT.THX」として検出された「KINS」の複数の亜種を入手したと同社ブログで発表した。KINSは、一部報道で次なる「ZBOT」と言われているオンライン銀行詐欺ツール。今回確認されたKINSの亜種は、まったく「新しい」不正プログラムではないという。この亜種は、異なる自動実行型の圧縮ファイル(パッカー)を利用し、デバッグや解析動作に対抗する精巧な機能を備えている。しかしZBOTと同様に、フォルダとファイル名を利用し、同じプロセスを追加し、そして同じレジストリ値を作成するといった動作を行う。

特に「VMWare」や「VirtualBox」といったいくつかの人気の仮想環境サーバや「Windows emulator(WINE)」内で実行されているかどうかを検索し、それを確認した場合、解析やデバッグの妨害のため自身の動作を停止する。同様にこの不正プログラムは、「Sandboxie」といった他のセキュリティツールを確認した場合も動作を停止する。同社では、サイバー犯罪者たちは不正プログラム対策による検出を回避する手法とともに、従来の脅威を改良する試みを継続的に企てているとして注意を呼びかけている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

    半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

  2. SPF / DKIM / DMARC はどう機能したか ~ フィッシングメール 596 件対象に分析

    SPF / DKIM / DMARC はどう機能したか ~ フィッシングメール 596 件対象に分析

  3. 社内用ポータルサイトを誤って公開、最大 約 42,400 名の顧客の個人情報がアクセス可能に

    社内用ポータルサイトを誤って公開、最大 約 42,400 名の顧客の個人情報がアクセス可能に

  4. クロネコメンバーズにパスワードリスト攻撃による不正ログイン、3,467件が閲覧された可能性(ヤマト運輸)

    クロネコメンバーズにパスワードリスト攻撃による不正ログイン、3,467件が閲覧された可能性(ヤマト運輸)

  5. 岡山県精神科医療センターにランサムウェア攻撃、電子カルテのシステムで不具合

    岡山県精神科医療センターにランサムウェア攻撃、電子カルテのシステムで不具合

  6. セキュリティ企業ホラ吹きCEOバカ一代記

    セキュリティ企業ホラ吹きCEOバカ一代記

  7. バッファロー製 Wi-Fi ルータ WSR-1166DHP シリーズのボット感染を確認、複雑なパスワードへの変更を呼びかけ

    バッファロー製 Wi-Fi ルータ WSR-1166DHP シリーズのボット感染を確認、複雑なパスワードへの変更を呼びかけ

  8. 「mixi」に不正ログイン、個人データが第三者に漏えいしたおそれ

    「mixi」に不正ログイン、個人データが第三者に漏えいしたおそれ

  9. 日経225企業 9割 DMARC導入も「quarantine」「reject」設定は 26.8%、ワンクリック購読解除利用率は 77.7%

    日経225企業 9割 DMARC導入も「quarantine」「reject」設定は 26.8%、ワンクリック購読解除利用率は 77.7%

  10. 北洲のサーバに不正アクセス、攻撃者が一部ファイルを開いた可能性を確認

    北洲のサーバに不正アクセス、攻撃者が一部ファイルを開いた可能性を確認

ランキングをもっと見る