新しい脅威だけでなく、基本的な対策の徹底も重要--インシデントレポート(ラック) | ScanNetSecurity
2024.02.28(水)

新しい脅威だけでなく、基本的な対策の徹底も重要--インシデントレポート(ラック)

ラックは、「JSOC INSIGHT vol.2」を公開した。これによると、7月第3週には、重要インシデントとして外部からの攻撃が、9月第2~5週には内部からの不審な通信を検知したインシデント件数が増加している。

調査・レポート・白書・ガイドライン 調査・ホワイトペーパー
「JSOC INSIGHT vol.2」
「JSOC INSIGHT vol.2」 全 3 枚 拡大写真
株式会社ラックは11月6日、「JSOC INSIGHT vol.2」を公開した。本レポートは、同社JSOCのセキュリティアナリストによる日々の分析結果に基づき、日本における不正アクセスやマルウェア感染などのセキュリティインシデントの発生傾向を分析したもの。JSOCでは、インシデントの重要度を「Emergency」「Critical」「Warning」「Informational」の4段階に設定し、EmergencyとCriticalを重要インシデントと位置づけている。7月第3週には、重要インシデントとして外部からの攻撃が、9月第2~5週には内部からの不審な通信を検知したインシデント件数が増加した。

レポートでは特に注目すべき脅威として、「『ミドルウェアの脆弱性を狙う攻撃』の一時的な急増および増加傾向の継続」「『Webサイト閲覧により感染するマルウェア』の被害拡大」「日本国内における、ゼロデイ脆弱性を悪用した『飲み場型攻撃』が発生」「オープンリゾルバを悪用する『DNSアンプ攻撃』が行われる」の4つを取り上げている。JSOCでは、基本的な対策が行われていれば防ぐことができたインシデントも多く観測されており、ゼロデイ脆弱性のような新しい脅威への対策も重要であるが、アクセス制御や設定情報の管理といった基本的対策の徹底が、改めて最も重要な対策であるとしている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. ダイヤモンド社にランサムウェア攻撃、約70,000件の個人情報が漏えいしたおそれ

    ダイヤモンド社にランサムウェア攻撃、約70,000件の個人情報が漏えいしたおそれ

  2. エレコム製無線 LAN ルータに複数の脆弱性

    エレコム製無線 LAN ルータに複数の脆弱性

  3. 「UTM 理解していない」半数

    「UTM 理解していない」半数

  4. JC3、捜査員向けのランサムウェア捜査ハンドブックを出版

    JC3、捜査員向けのランサムウェア捜査ハンドブックを出版

  5. ゆめタウン運営イズミにランサムウェア攻撃、発注システムに支障あり一部品薄状態も

    ゆめタウン運営イズミにランサムウェア攻撃、発注システムに支障あり一部品薄状態も

  6. ダイキン工業の再々委託先の作業者が仕入先情報を不正にダウンロード

    ダイキン工業の再々委託先の作業者が仕入先情報を不正にダウンロード

  7. 「セキュリティ技術者の“思考”を覗く」~ SHIFT SECURITY、17種類のサイバー攻撃の解説と対策資料公開

    「セキュリティ技術者の“思考”を覗く」~ SHIFT SECURITY、17種類のサイバー攻撃の解説と対策資料公開PR

  8. 到来する「脆弱性対策義務化時代」に脆弱性管理サービス「SIDfm」が果たす役割

    到来する「脆弱性対策義務化時代」に脆弱性管理サービス「SIDfm」が果たす役割PR

  9. Google & 米Yahoo! の迷惑メール対策強化について~ JPAAWG 緊急ウェビナーで喫緊課題への具体的な疑問が続出

    Google & 米Yahoo! の迷惑メール対策強化について~ JPAAWG 緊急ウェビナーで喫緊課題への具体的な疑問が続出

  10. 個人情報保護ルールを「あまり/まったく守れていない」のは部課長が最多

    個人情報保護ルールを「あまり/まったく守れていない」のは部課長が最多

ランキングをもっと見る