大規模組織の半数が自社開発モバイルアプリのセキュリティテストを実施せず(日本IBM) | ScanNetSecurity
2024.07.14(日)

大規模組織の半数が自社開発モバイルアプリのセキュリティテストを実施せず(日本IBM)

日本IBMは、モバイル・セキュリティのリスクへの警告に関する調査を発表した。

調査・レポート・白書・ガイドライン 調査・ホワイトペーパー
大企業の40%近くが、顧客向けに開発するモバイル・アプリケーションを保護するために適切な予防措置を講じていない
大企業の40%近くが、顧客向けに開発するモバイル・アプリケーションを保護するために適切な予防措置を講じていない 全 2 枚 拡大写真
日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は4月3日、モバイル・セキュリティのリスクへの警告に関する調査を発表した。これは米IBMセキュリティーとPonemon Instituteによるもの。調査結果から、多くのFortune 500企業などの大企業の40%近くが、顧客向けに開発するモバイル・アプリケーションを保護するために適切な予防措置を講じていないことが判明した。また、サイバー攻撃に対して、企業所有およびBYODのモバイル・デバイスの保護が適切に行われていないため、ハッカーがユーザ、企業、顧客のデータに容易にアクセスできる状況にあることも明らかになったとしている。

さらに、モバイルに対するサイバー攻撃の数が増加の一途をたどっており、常時1,160万台を超えるモバイル・デバイスが悪意のあるコードに感染している一方で、400以上の大規模組織の自社開発モバイル・アプリケーションのうち、セキュリティ対策テストが実施されているアプリケーションは半数にも満たず、企業の33%は自社アプリケーションのテストを一切行っていないことも判明した。このような組織のうち、モバイル・セキュリティにまったく予算を割り当てていない組織は50%にも上っている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 「ITパスポート試験」が1位に ~ 日本の資格検定アワード2023

    「ITパスポート試験」が1位に ~ 日本の資格検定アワード2023

  2. イセトーへのランサムウェア攻撃で豊田市の推定 42 万人分の個人情報が漏えい、被害発生時は契約に基づき対応

    イセトーへのランサムウェア攻撃で豊田市の推定 42 万人分の個人情報が漏えい、被害発生時は契約に基づき対応

  3. 裏目に出たサンドボックス/露北軍事同盟/MFAの穴 ほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary 2024年6月度]

    裏目に出たサンドボックス/露北軍事同盟/MFAの穴 ほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary 2024年6月度]

  4. 「悪質な情報拡散を行う者には徹底的な法的措置」KADOKAWA グループへのランサムウェア攻撃

    「悪質な情報拡散を行う者には徹底的な法的措置」KADOKAWA グループへのランサムウェア攻撃

  5. NTTデータグループ ルーマニア拠点に不正アクセス、ランサムウェアによる攻撃の可能性含め解析を進める

    NTTデータグループ ルーマニア拠点に不正アクセス、ランサムウェアによる攻撃の可能性含め解析を進める

  6. 個人情報保護委員会、東京電力グループ 3 社に行政指導

    個人情報保護委員会、東京電力グループ 3 社に行政指導

  7. 契約終了後もデータの削除を怠り保存が原因 ~ イセトーへのランサムウェア攻撃で和歌山市の個人情報も漏えい

    契約終了後もデータの削除を怠り保存が原因 ~ イセトーへのランサムウェア攻撃で和歌山市の個人情報も漏えい

  8. 「反社会的勢力への利益供与に応じず」ニデックインスツルメンツにランサムウェア攻撃

    「反社会的勢力への利益供与に応じず」ニデックインスツルメンツにランサムウェア攻撃

  9. 個人情報流出無し ~ 秋田県立医療療育センターウェブサイトが改ざん被害

    個人情報流出無し ~ 秋田県立医療療育センターウェブサイトが改ざん被害

  10. パルグループのサーバに不正アクセス、ポイント反映に影響

    パルグループのサーバに不正アクセス、ポイント反映に影響

ランキングをもっと見る