HTTP.sysに関する脆弱性(MS15-034)を狙う攻撃を確認(日本IBM) | ScanNetSecurity
2024.05.29(水)

HTTP.sysに関する脆弱性(MS15-034)を狙う攻撃を確認(日本IBM)

日本IBMは、先日公開されたマイクロソフト月例のセキュリティ情報において、WindowsのHTTPプロトコルスタックに関する脆弱性を狙う攻撃が行われていることを同社のTokyo SOCにおいて確認したと発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
HTTP.sysの脆弱性を狙う攻撃の検知数推移
HTTP.sysの脆弱性を狙う攻撃の検知数推移 全 1 枚 拡大写真
日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は4月16日、先日公開されたマイクロソフト月例のセキュリティ情報において、WindowsのHTTPプロトコルスタック(HTTP.sys)に関する脆弱性(MS15-034:CVE-2015-1635)を狙う攻撃が行われていることを同社のTokyo SOCにおいて確認したと発表した。すでに本脆弱性を利用してシステムを停止、再起動させることが可能な攻撃コードが公開されている。

4月16日17:00(日本時間)時点で確認している攻撃は、セキュリティベンダによる調査目的と考えられる通信のほか、中国、アメリカ、ポルトガル、アルゼンチンなどに属する複数のIPアドレスから行われていることを確認しているという。また、攻撃対象の国や業種に明確な偏りが見られないことから、広く脆弱性の有無を調査する目的で攻撃が行われているものと推測している。Tokyo SOCでは、外部に公開されているシステムにおいて脆弱性の対象となるシステムを利用している場合には、早急なアップデートの実施または回避策を適用するよう呼びかけている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

    半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

  2. SPF / DKIM / DMARC はどう機能したか ~ フィッシングメール 596 件対象に分析

    SPF / DKIM / DMARC はどう機能したか ~ フィッシングメール 596 件対象に分析

  3. 社内用ポータルサイトを誤って公開、最大 約 42,400 名の顧客の個人情報がアクセス可能に

    社内用ポータルサイトを誤って公開、最大 約 42,400 名の顧客の個人情報がアクセス可能に

  4. クロネコメンバーズにパスワードリスト攻撃による不正ログイン、3,467件が閲覧された可能性(ヤマト運輸)

    クロネコメンバーズにパスワードリスト攻撃による不正ログイン、3,467件が閲覧された可能性(ヤマト運輸)

  5. 岡山県精神科医療センターにランサムウェア攻撃、電子カルテのシステムで不具合

    岡山県精神科医療センターにランサムウェア攻撃、電子カルテのシステムで不具合

  6. セキュリティ企業ホラ吹きCEOバカ一代記

    セキュリティ企業ホラ吹きCEOバカ一代記

  7. バッファロー製 Wi-Fi ルータ WSR-1166DHP シリーズのボット感染を確認、複雑なパスワードへの変更を呼びかけ

    バッファロー製 Wi-Fi ルータ WSR-1166DHP シリーズのボット感染を確認、複雑なパスワードへの変更を呼びかけ

  8. 「mixi」に不正ログイン、個人データが第三者に漏えいしたおそれ

    「mixi」に不正ログイン、個人データが第三者に漏えいしたおそれ

  9. 日経225企業 9割 DMARC導入も「quarantine」「reject」設定は 26.8%、ワンクリック購読解除利用率は 77.7%

    日経225企業 9割 DMARC導入も「quarantine」「reject」設定は 26.8%、ワンクリック購読解除利用率は 77.7%

  10. 北洲のサーバに不正アクセス、攻撃者が一部ファイルを開いた可能性を確認

    北洲のサーバに不正アクセス、攻撃者が一部ファイルを開いた可能性を確認

ランキングをもっと見る