【RSA Conference US 2015】日本での製品展開はシステムインテグレータの存在が鍵(DAMBALLA) | ScanNetSecurity
2020.07.14(火)

【RSA Conference US 2015】日本での製品展開はシステムインテグレータの存在が鍵(DAMBALLA)

スタートアップを中心に出展社数が大幅に増加した今回のRSA Conference US、公式Twitterによると出展者数は前年を150社以上上回ったという。グローバルで見ると、業界の成長を感じるという声は多いが、必ずしも日本において同様の普及が見込めるわけではないようだ。

特集 特集
DAMBALLAジャパンのカントリーマネージャー、新免泰幸氏
DAMBALLAジャパンのカントリーマネージャー、新免泰幸氏 全 4 枚 拡大写真
スタートアップを中心に出展社数が大幅に増加した今回のRSA Conference US、公式Twitterによると出展者数は前年を150社以上上回ったという。グローバルで見ると、業界の成長を感じるという声は多いが、必ずしも日本において同様の普及が見込めるわけではないようだ。

RSA Conferenceに出展しており、世界20か国の約100社に脅威検出ソリューションを提供しているDAMBALLAは、4月に日本オフィスを開設し、国内で本格的に展開を始める米国企業だ。

同社の日本のカントリーマネージャーである新免泰幸氏は、日本国内におけるシステムインテグレータの存在が、国内で普及する製品と普及しない製品を左右することが多く、米国などと大きく異なる部分だと話す。

システムインテグレータと関わることの少ない米国では、DAMBALLAなどのベンダーがクライアントと直接コミュニケーションをとることが多いという。ベンダーとクライアントの間に更に1社入る日本の環境では、クライアント側のニーズだけでなく、販売方法や運用の効率、価格帯などといった様々な要素が複雑に絡み合うため、米国の市場で根付いた製品やソリューションが必ずしも日本で同様に普及するとは限らないようだ。

DAMBALLAジャパンは、アズジェントを日本国内の販売元として展開し、5月に行われる「情報セキュリティ EXPO」ではアズジェントの展示ブース内でソリューションの紹介を行うという。今後の日本における展開が注目される。

《湯浅 大資》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 情報漏えいにつながる危険な PDF 利用 - Microsoft Word 網掛け機能誤解、情報公開し注意喚起(大船渡市)

    情報漏えいにつながる危険な PDF 利用 - Microsoft Word 網掛け機能誤解、情報公開し注意喚起(大船渡市)

  2. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  3. 「サイバー空間でも逃さない」令和2年度サイバー犯罪捜査官、採用選考受付8月3日から(大阪府警察)

    「サイバー空間でも逃さない」令和2年度サイバー犯罪捜査官、採用選考受付8月3日から(大阪府警察)

  4. iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

    iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

  5. 石川県と兵庫県の一部エリアで電話・FAXの誤着信が発生(NTT西日本)

    石川県と兵庫県の一部エリアで電話・FAXの誤着信が発生(NTT西日本)

  6. 複数のBIG-IP製品に、攻撃の踏み台にされるなどの脆弱性(JPCERT/CC)

    複数のBIG-IP製品に、攻撃の踏み台にされるなどの脆弱性(JPCERT/CC)

  7. 最新の状況に刷新「TLS暗号設定ガイドライン」など公開(NICT、IPA)

    最新の状況に刷新「TLS暗号設定ガイドライン」など公開(NICT、IPA)

  8. 新たにBYOD端末からの不正アクセスが判明(NTT Com)

    新たにBYOD端末からの不正アクセスが判明(NTT Com)

  9. ハンコや対面など日本のビジネス習慣の精神論を抜本的見直し、共同宣言発表(経団連、新経済連盟ほか)

    ハンコや対面など日本のビジネス習慣の精神論を抜本的見直し、共同宣言発表(経団連、新経済連盟ほか)

  10. 顔写真用いたバイパス対策、顔認証にAI利用の「まばたき」検知機能(両備システムズ)

    顔写真用いたバイパス対策、顔認証にAI利用の「まばたき」検知機能(両備システムズ)

ランキングをもっと見る